インドの何がそんなにすごいのか?衝撃的だったインド旅行④

   


インド旅行パート4

私の海外経験で後にも先にも一番強烈な国、インド。その魅力(?)を、緩やかな女子4人旅の模様からお伝えしていきます。

前回:インドの何がそんなにすごいのか?衝撃的だったインド旅行③


 

タージマハルへ行く

さて、今日はタージマハルへ行く日だ。私たちは家を出て、リクシャーという、バイクタクシーを探す。大通りにはたくさんの緑色のリクシャーが走っている。インド人の友達は一台のリクシャーを呼び止め、タージマハルへのトランスポートをお願いしてくれた。友達とリクシャーのおじちゃんが何か喋っている。だが・・・・・

 

やたらと長い。

 

 

喋り始めて3分経った。話は尽きるどころかドンドンヒートアップする。どうやら値段の交渉をしているみたいだ。インド人の友達は金持ちだが、それでも値段交渉をするのは普通だという。また3分経ったところで話がついた。今日一日はこの↑おじちゃんがつきっきりで連れて行ってくれるという。

 

 

リクシャーに乗ってみる

早速リクシャーに乗ってみる。私たち4人はギュウギュウで乗る。走り出した・・・風が気持ちいい・・・・・が・・・・

けっっこう速い!!

 

そして運転が荒い!こりゃぁ、しっかり掴まっとかんと振り落とされるぞ!!と私たちは車にしがみつく。

 

リクシャーは大きい道路を抜け、田舎道に出た。ゴツゴツした道をバウンスしながら前に進んで行く。狭い道でこんなにスピード出して大丈夫かよ、と思っていると、

 

 

 

なんと!

 

 

 

 

 

 

牛ーーーーーーー!!!!

 

 

 

 

牛だ、牛だ!!!ウ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ラクダーーーーーー!!!!

 

 

 

 

ラクダ!ラク、なぜ!?

 

 

 

そしてリクシャーは急に、ピタッと止まった。おじちゃんは「着いたよ」とのことだ。

 

 

 

どこだよ?ここ?

 

 

私たち観光客が来るべきところに思えない・・・・・

 

 

 

 

という不安を持ちつつ、私たちはついていく。少し歩くと赤い土壁が見えた。そしてまた歩く歩く。例によって私はもう暑くてクラクラしてきた。

フラフラ歩いていると・・・・おっ!急に人の行列が見えた!しかも白人がいる!よかった、観光客だ!

 

私たちは行列に並ぶ。どうやら本当にタージマハルへの道みたいだ。行列に並んで15分くらいで入り口に着いた。入り口では料金を払う。ここインドでは見物料の現地人価格と観光客価格の差が激しく、10倍くらい違う。私たちは500円くらい払った。もちろん、インド人の友達はお金持ちでも50円ほどの見物料で中へ入れる。

 

 

そして中に入ると、

 

 

わぁああああ、なんか、カッケーーーー!!!

 

先ほどまでのインドの下町とは似ても似つかない、美しい緑と茶色の建物が私たちを迎える。いかにもヒンドゥーチックな装飾が繊細で綺麗だ。綺麗・・・・だが、

 

 

 

 

やっぱり暑い

 

 

本来ならもっと浸っていたいが、体調のために、さっさとタージマハルを見て帰りたくなった。

 

 

しかし友達は興奮している。写真をパシャパシャ撮っている。そりゃ、そうだよな。綺麗だもん、写真とるよな・・・でも、暑くて死にそうだ。今日も40度を超えている。私はまだ写真を撮りたそうな友達に「先に進もうか」と促す。

 

 

そして歩いて行くと・・・・・・

 

 

 

あった!!!

 

 

 

 

 

 

 

タージマハーール!!!!

 

 

 

世界史の教科書で見たやつだ。ワーイワーイ、丸ーい(⌒▽⌒)

 

ハウステンボスにでもありそうなかわいい建物だ。周りには噴水と緑で彩られ、またたくさんの人で賑わっている。私たちはタージマハルに近づき写真を撮った。1枚、2枚、3枚、4枚、5枚、6枚、7枚、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

15枚、16枚、17枚、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

おい、何枚とる気だ?

 

 

 

 

これが女子旅の常識。写真は被写体が一緒でもポーズを変えて、撮る!角度を変えて、撮る!!カメラの機能を駆使して、色々撮る!!!

 

 

 

 

 

結局私たちはタージマハルを背景に30枚以上の写真を撮った。

30枚の写真を撮るために費やした時間は1時間だった。

 

 

 

公園でヘナとマーケットを楽しむ

1時間も炎天下で写真撮影を楽しんで、フラフラだ。そのおかげでタージマハルでの思い出をめ一杯作ることができた。さぁ、帰ろう。

帰りに私たちはデリー市内の公園に立ち寄った。どうやら面白いものがあるという。

 

タトゥー感覚のヘナアート

私たちは公園に座る一人のおばちゃんのところに連れて行かれた。ここで「ヘナ」ができるというのだ。「ヘナって何?」と聞くと、「ヘナとは、ハーブからできた染めインクのこと。人体に書けば、タトゥーっぽくなる。でも1週間で取れるから安心なんだ」とのこと。

 

面白そうだから、やってみる。私はおばちゃんに左手を差し出した。おばちゃんは、チョコでメッセージを書く時に使うくるくる巻いた髪にヘナを入れて、チョコメッセージを書くかのように私の腕にヘナで絵を描き出した。

 

 

ピチョン。

 

 

 

ヘナが私の腕に付いた。冷たい。

 

 

 

 

 

 

 

ニュルニュル〜〜〜〜

 

 

 

 

 

ヘナが私の手をつたう。

 

 

 

 

 

ふ。

 

 

 

 

 

ふふ。

 

 

 

 

 

ふふふ。

 

 

 

 

 

あひゃ〜〜〜ヒャッヒャ!!

 

 

 

 

 

くすぐったい〜〜〜〜〜!!!!!!

 

 

 

 

 

 

いかん、笑いが止まらん。くすぐったすぎる。私は足をジダバタし、右手で友達を掴み、「ヤバイヤバイヤバイ」と泣きながら笑う。大人しい私がここまで騒いだことに友達も驚いていたようだ。

 

なく子も笑うヘナアート。くすぐったくて、気持ちいからぜひインドに行ったら試してもらいたい。

 

 

 

マーケットに行く

インドのヘナアートを楽しんだ後は、私たちはマーケットに行った。マーケットには雑貨や衣服がたくさん売られている。インドのデザインはきらびやかなものが多く、なかなか可愛い。

 

あたりはもうすっかり夜だ。ちなみにインドにも野犬がわんさかいる。狂犬病になったら死ぬので、間違っても踏まないように注意したい。インドの犬は暑すぎて、ずっとこうやって寝ているからさ。

犬も伸びる暑さ。

 

 

さて、マーケットにて私はバングルと、ロングスカートと、短パンを買った。短パンを買う時、友達も「インド暑いから私も短パン欲しい!一緒のを買う!」と言った。するとインド人の友達も、「あら、その短パンシンプルでいいわね。私も買おうかな」と言って、結局4人で同じ短パンを買った。

 

 

 

 

 

その夜・・・・・・

 

 

コンコンコン

 

 

ガチャ。目の前にはインド人の友達がいた。彼女の片手には昼間買った短パンが持ってある。

 

インド人友達「ねぇこの短パン、なんか変だったんだけど、着てみた?」と言う。

 

私たちは、「いや、まだ。着てみるね。」と言い、履いてみる。

 

 

 

私「はけた?」

 

 

友達「はけない。佳代は?」

 

 

私「はけぬ・・・」

 

 

はけないのだ、この短パン。短パンなのに脚の穴が小さく、太ももまで上がらずウエストまで短パンが上がってこない。。。友達もインド人の友達も同じ状態だった。

 

 

けっきょく・・・・・4人で買った短パンは翌日全て返品した。インドは試着文化ではないので、気になったら一度買って、履いてみて、ダメだったら返すというのが普通だということ。それにしても、「誰もはけない短パンって・・・・」と思わざるを得なかった。

 

 

溜まってくる疲れとストレス

世界遺産のタージマハルが見れて嬉しい。嬉しいのだが、いかんせん本当に暑すぎて体調が思わしくない。当たり前だが明日も観光だ。今日みたいに炎天下で1時間も写真撮影をされてちゃたまらない。

 

 

・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・

 

次回いよいよケンカ勃発か!?

 

 

 

The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報