プライオリティパスでラウンジの旅③〜中部(愛知)・ブリスベン(オーストラリア)・バーゼル=ミュールーズ空港(スイス=フランス空港編〜

      2018/02/07

こんにちは!Kayoです。今日は金曜日、仕事を終えて東京行きの飛行機を待っています。待ち場所はいつものごとくラウンジ。今回も関西空港KALラウンジです。

関西空港にはいくつかラウンジがありますが、KALラウンジが一番いいと思います。ただ、KALラウンジは他のラウンジように通常のゴールドカードで入ることはできません。入るには、

プライオリティパス

 

というのが必要です。もしくはKOREAN AIRが提携している航空会社のビジネスクラスに乗るかの二択になります。

ビジネスクラスは高いし、もしもお安めで空港の雰囲気のいいラウンジを使うのなら、プライオリティパスを作ることをおすすめします。

 

そしてこのプライオリティパスは、年間10,800円で世界中の空港のラウンジを使い放題になります。(正確には5万円ほどですが、あとで紹介する、ある方法によって年会費10,800円でパスを手にれることができます。)もちろん、提携していないラウンジもありますが、提携ラウンジは1,000以上です。



とはいえ、どれほどのラウンジが使えるのか?それを知らないと魅力は感じられませんよね。

ということで、前々回より続いております、「私が行ったラウンジレポート」、世界中のラウンジがいかがなものなのか?オススメのラウンジはどこなのか?を、20代OLが実際に使って感じたレポートを作成しています。

第一回

プライオリティパスでラウンジの旅①〜関空・大連・武漢・マルセイユ編〜

第二回

プライオリティパスでラウンジの旅②〜福岡・バリ・クアラルンプール・クライストチャーチ空港編〜

そして第3回目は、中部(愛知)・ブリスベン(オーストラリア)・バーゼル=ミュールーズ空港(スイス=フランス空港編〜の3つの空港です。今回は”世界一のラウンジ”が入っているので、どうぞ楽しみにしてください!

 

 

プライオリティパスでラウンジの旅③中部(愛知)・ブリスベン(オーストラリア)・バーゼル=ミュールーズ空港(スイス=フランス空港編〜

中部国際空港(セントレア)のラウンジ☆☆★★★

まずはここ、日本の愛知県にある、中部国際空港のラウンジ!比較的新しい日本の空港のラウンジは一体どうなっているのでしょうか!?

ルール

中部国際空港のラウンジは、かなり使いやすいです。通常ラウンジというものは国際便の保安検査後にあるものですが、中部国際空港のラウンジは保安検査前にあります。つまり、「国内便でも国際便でも使える」ということ。ただ、これでは関西空港のKALラウンジと条件は変わりません。

すごいのはココ、「出発前と到着後も使える」ということ。普通は出発前しか使えないラウンジ、ここは到着後も一服できるんです。これは珍しい!私も福岡空港から中部に飛んだ際に、飛行機が到着してからバスを待つ間にここのラウンジで一服しました♪

 

サービス

雰囲気は、いい!

ここ中部国際空港のラウンジは、「お客さんが少ない」です。だいたいいつも3組くらい。でも新しい空港だから、ラウンジの雰囲気も落ち着いていて、広々していて、コンセントもあるしで、ゆったり落ち着けます。ここなら2時間くらいぼーっとできそうです^^

客層は日本のサラリーマンが多い。だから、必然的に静かになる(笑

 

食事は、おつまみのみ

食事はほとんどなく、柿ピー的なものがあるくらい。

飲み物は、ハートランドビールが嬉しい

こちらの飲み物はソフトドリンクはもちろん、ビールが2種類あるのが嬉しい。キリンとハートランド。ハートランドビールをジョッキサーバーで飲めるのはなかなか珍しいのではないだろうか?私はもちろんハートランドをいただきました♪うまし!

 

場所は、わかりやすい

中部国際空港は「国際空港」というものの、空港内は広すぎす、ラウンジもすぐに見つかります。忙しい空港ではないので、近くのスタッフさんにラウンジの場所を聞けば教えてくれるはずです。隣にはアメックスのラウンジもあり、ラウンジ集結箇所なので場所は分かりやすいです。ただ、保安検査前の場所にあるので、飛行機の登場時刻には気をつけておこうね。

 

———中部国際空港ラウンジ———–

(お詫び)ごめんなさい!ここ、中部国際空港のラウンジは、「プライオリティパス」で入れるラウンジではなく、楽天プレミアムカードで使えるラウンジでした!どちらにしろ、楽天プレミアムカードを作ればプライオリティパスが無料で作れるので同じですが・・・

HP:セントレア第二プレミアムラウンジ

営業時間:7:20~20:30(年中無休)

場所:旅客ターミナルビル3階 出発ロビー

ブリスベン(オーストラリア)空港のラウンジ☆★★★★

お次はオーストラリア、ブリスベン空港のラウンジ!いや〜、こちらは朝早く行ったんですが、「朝食がすごかった」ですね〜。もう、美味しいったらなんのって・・・

ルール

みなさんその前に、”ブリスベン”って街をご存知ですか?ブリスベンは広いオーストラリアの中でも年中温暖で過ごしやすく、ブリスベンに行った誰もが「ブリスベンは世界一住みやすい」と太鼓判を押すほどの快適都市です。私も海外移住するならブリスベンに一番住みたいです。

物価は高いけどお金はかからない?ブリスベンは徒歩で安く遊べるスポットだらけだゾ

 

・・・前置きはこのくらいにして、いざブリスベン空港のラウンジレポートへ入りましょう。ここブリスベンのラウンジは国際便の保安検査を出た先にあります。私が行った時は朝早い便だったので、ラウンジには完璧な朝食が準備されていました。

 

 

サービス

雰囲気は、かなりいい!

ブリスベン空港のラウンジは、搭乗口の1個上の階にあります。そしてラウンジ内はガラス張りで、中から搭乗口が見えます。なんと贅沢!

ラウンジ内は広々しており、それでいてシックな雰囲気で、癒されます。しかしその雰囲気より一番驚いたもの!それが・・・

 

 

朝食〜〜!!

 

食事が素晴らしい!!

私がラウンジに行った時は朝の6時台でした。朝の6時台なんて、中国のラウンジは絶対食事置いていないよな〜っていう時間帯なんですが、ここブリスベンのラウンジには早朝にもかかわらず、「完璧な朝食」が置いてありました!

何が完璧かは簡単には言えないのですが、朝食らしいスープからパン、ヨーグルトのムースやおつまみの小鉢、もちろんフルーツやナッツ、デザートも高品質のものが全て揃っているのです!!足りないものなんてありませんでした!

豊富な種類に加え、味がとにかく美味しかった!!見た目以上のインパクトです!

 

飲み物は、アルコールは別途料金

飲み物はソフトドリンクはもちろん用意があるのですが、アルコールに関しては別途料金がかかります。その点で★1個減らしています。が、あとは全て完璧です!

場所

国際線のゲート81と82の間にあります。ブリスベン空港も広いので、早めに行きましょうね。

 

——-ブリスベン国際空港———

HP:プラザプレミアムラウンジ

営業時間:午前5時〜午後11時

場所:国際線出発エリア4階

 

 

バーゼル・ミュールーズ空港(フランス・スイス)のラウンジ★★★★★★

最後は、バーゼル・ミュールーズ空港のラウンジ!!こちらの空港はそこまで大きなイメージはありませんが、なんと、なんと!2015年のプライオリティパスラウンジにおいて、世界一に輝いたラウンジなのです!!

写真を見てわかると思いますが、「えっ、吹き抜け?」「えっ、2階建て?」なんと、ここはラウンジ内にエレベーターがある、ホール型ラウンジとなっています!外の窓からは次々に飛んでいく飛行機が見えるし、テラス席もあるしで、まさにホテルの高級ラウンジにいるかのような贅沢さ!!

 

ルールは、ゆるい?笑

私がラウンジに行ったのは昼の2時。お客さんも座席に対して5%くらいしかおらず、ラウンジは静かでした。ラウンジに入ると、いつもプライオリティパスと搭乗券を受付に見せるのですが、ここはさすがフランス笑 搭乗券を確認されませんでした。

入り口にコートをかけ、中に入ると、謎のヤシの木が!!南国風をイメージしているみたいです。池もあります。

 

サービス

雰囲気は、海外高級リゾート

ここバーゼル・ミュールーズ空港のラウンジは、さすがラウンジ世界一とあって、雰囲気は抜群です。吹き抜けのガラスに南国テイストのインテリア〜、トイレもキラキラしてる・・・・

はぁ〜、なんだかセレブになった気分だわん・・・。

 

食事は美味しい!

食事はシンプルだけど、味はさすがフランス。よく分からない郷土料理のスープも、「美味しい」ということだけはわかる。ダシがしっかりきいているのだ。

こちらは一階のセルフサービスカウンター

2階のカウンターの方が充実している。

どれも美味しいのだ。

 

飲み物が最高!

そしてすごいのが「飲み物の種類」。ソフトドリンクの種類がたくさんあるのはもちろんのこと、

 

水にもこだわり、ガス(炭酸入り)とスティル(炭酸なし)を揃えたブランドの水が用意されている。

 

コーヒーマシーンはもちろん、リキュールも各種揃えている。

 

そして^^ワイン。スパークリングから白ワイン、赤ワイン、全て揃っていて当たり前♪もちろんワイングラスで飲むことができる。

 

赤ワインも綺麗にセットされている。

 

ハァ〜、しあわせ・・・

 

終始セレブ気分を味わえる、バーゼル・ミュールーズ空港のユーロエアポート・スカイビューラウンジ。空港自体がこじんまりしているので、ここまですごいとは思っていなかった。このギャップも楽しんでほしい。

ちなみに「バーゼル・ミュールーズ空港」はフランスの空港とも、スイスの空港とも表記される。「バーゼル」はスイスの都市名、「ミュールーズ」はフランスの都市名、つまり2国の間にある空港という意味だからだ。

 

場所は、一本道をずんずん進むと見つかる

このラウンジは国際線エリアの保安検査を出た先にあるのだが、結構歩く。というか空港の作りが変わっていて、出発エリアの道の幅が狭いのだ。いい意味で1本道なので迷うことはほとんどない。案内の標識に従って、ラウンジを目指して歩こう。ただ、案内の標識がけっこうショボいので、「本当にこの先にすごいラウンジがあるのかよ」などと思うが、そこは期待して待っていてください。ww

 

——-バーゼル・ミュールーズ空港———-

HP:ユーロエアポート・スカイビューラウンジ

営業時間:月~金:午前5時~午後8時45分 土曜:午前5時~午後7時30分 日曜:午前5時~午後8時30分

場所:エアサイドのターミナル中央部、出発階にある免税店の隣

 

 

ラウンジまとめ③終わり

いかがでしたか?今回は、愛知、ブリスベン(オーストラリア)、バーセル・ミュールーズ(フランス・スイス)空港のプライオリティパスで使えるラウンジ(一部、楽天プレミアムカードだったけど)をまとめていきました。各空港の詳しいラウンジ情報は、プリオリティパス公式サイト左上の「FIND A LOUNGE」から営業時間やサービス内容が検索できます!公式サイトはこちら→ PriorityPass 

しかし、こちら⬆︎のHPから作るより年会費が4万円安くなる方法があるので、まだ作らないでください!

 

もう一度説明します。プライオリティパス(Priority Pass)は年間5万円くらいの会費で世界のVIPラウンジが使えるパスで、今日ご紹介したようなラウンジが使い放題なので、頻繁に海外へ行く人にお勧めです。お勧めなんですが、実は通常5万円の会費が10,800円になる方法があります。それが、

 

楽天プレミアムカード


 

です。楽天プレミアムカードを作れば、プライオリティパスを無料で作れます。そして楽天プレミアムカードの年会費は10,800円で、初年度はキャッシュバックやらなんやらで実質2,000円くらいになるため、世界のラウンジを使うなら、楽天プレミアムカードを作って、プライオリティパスを手に入れてからの方が断然オススメです。

 

楽天プレミアムカードの作り方はコチラの記事を参考にしてね。

海外高級ラウンジで疲れを癒すために、楽天プレミアムカード申し込んでみた

 

飛行機を待つ間、あなたはこれまでどうしていましたか?早めに空港へ行って、搭乗口の前で待っていましたか?これからは、その飛行機を待つ時間を、優雅なラウンジでゆったりと過ごせるのです。

ゆったりとした気持ちで飛行機に乗れば、フライトもさらに心地いいものとなります。心地よいフライトは旅そのものを豊かなものにしてくれます。あなたの素敵な旅をKayoは応援しています!

 - めっちゃオリジナルな旅情報