インドネシア3日目。バリからマレーシア行きのチケットを捨てるか、時間を捨てるか。

      2017/06/02

こんにちは、Kayoです。バリ島生活3日目です。

現在私はインドネシアはバリ島のウブドというところに泊まっています。初日のタクシーおじちゃん達にイライラし、2日目は私の白肌を食いまくる蚊にイライラし、そして3日目はけたたましく吠える野犬に怯えているお一人様女です。

実は私、9日後のマレーシア行きのチケットを持っています。キャンセル不可のチケットです。しかし今、このチケットを破棄しようかと思っています。キャンセルじゃありません。○万円を捨てるのです。ギャー!その理由をお伝えします。

 

インドネシア生活3日目。○万円を捨てるか、時間を捨てるか、あなたはどっち!?

 

そもそも”捨てる”という表現があまり好ましくありませんが、わかりやすいタイトルにするために使わせていただきました。すんません。以下、本文です。

 

そもそも、私がバリに来た理由

私がバリに来た理由①オーストラリアから日本への帰り道だから

このブログでもお伝えしている通り、私は現在ニュージーランド→オーストラリア→インドネシアと旅しています。なぜ日本からの直行直帰型ではないかというと、「周遊したい」というWant以外にもう一つ「飛行機に長時間乗れない」というNeedがあったからです。

告白しますが私は閉所恐怖症です。閉め切った部屋、狭い部屋が大嫌いです。そう。飛行機はまさに私にとっての閉所なのです。そのため、長時間のフライトには耐えられず(がんばって6時間くらい)、色々ストップしながら動いている・・・というわけになります。

 

私がバリに来た理由②気温がちょうどいいから

天気は人間の行動を大きく左右します。寒くて天気が悪いと人は鬱々となり、暑くて天気がいいと人は行動的になります。私の場合、「ちょっと暑い」くらいが体調も壊さず、行動的になるので最適です。この観点で言うと、現在のバリの気温は27度。そう、ちょうどいい季節だから選んだのです。

 

私がバリに来た理由③リゾート地のカンクンでいい思い出があるから

バリと言えば有名なリゾート地。周囲の友達も「バリ、いいよね!!」と言います。私はバリは来たことありませんでしたが、リゾート地で有名なカリブ海のメキシコ・カンクンなら行ったことがあります。確かにカンクンはムチャクチャよかったです。だって、清潔で、人は笑顔だし、のんびりできるから。でもバリは・・・・。関連:疲弊したならメキシコに行こう!

 

なぜ次の予定が9日後のマレーシア?

5分で決めたマレーシア行き

なぜ次の行き先をマレーシアに決めたかと言うと、「決めざるを得ない状況」だったからです。実はオーストラリアからバリへ飛ぶ際、カウンターで「インドネシアから出国するチケットがないとバリには入れません」と言われました。オーコラドッコイ!

そこで時間がなかった私は、もとい正直に言うと、早くラウンジでゆっくりしたかった私は、その場で5分で11日後のマレーシア行きチケットを購入したのです。11日後にした理由は、ニュージーもオーストラリアも10日前後だったから、このくらいがちょうどいいと思ったからです。

 

来てみてわかったバリの現実。カンクンと全然違う!

空港に降り立った瞬間から私の危険センサービンビン!!

そういう経緯で着いたバリの空港。この後は・・もうお分かりですね。私は「タクシーおじちゃん」に追いかけられ、フライトで疲れていた私は根負けしたことになります。関連:ギャー!!無計画でインドネシア行ったら空港でバリ人に囲まれて怖かった!

そう。ここバリはマネーと取引の島だったのです。

 

マネーと取引の島って、なんじゃい!

簡単に言えば、「何をするにもお金を要求する」こと。確かにカンボジアでもそうでしたがその頻度はバリより少なかったし、観光名所も広くて静かで綺麗でした。逆にインドはバリよりももっと激しい取引の国です。んも〜、激しいです!ただインドでは現地の友達が守ってくれたので疲れませんでした。

つまり、バリという、なかなか激しい取引の地域でのんびりしようなんて、全くできないのです!もう!タクシーおじちゃん、売り子のおばちゃん、うるさい!!!(笑ごめんね)なんで、メキシコもあまり裕福でもないはずなのにこんなに違うのか・・・。

 

もちろん、VIPホテルに泊まれば少しは違うだろう。けど。

とは言え、バリにも、「セキュリティエリアの中にある、プール付き高級ホテル。もちろんお抱え運転手付き」という選択を取ればもっとのんびりできるだろう。ただそのレベルに行くと、一泊50万円とかだ。

そこまでお金を払わずとも、のんびり癒される場所はいくらだってあります!!!

私が先週いた、オーストラリアのサンシャインコーストなんて、タダで浜辺に寝っ転がっているだけで、すっごい満たされるんだよお?これがまさに「物価は高いけど、遊びにお金がかからない場所」と「物価は安いけど、何にでも支払いが発生する場所」の違いになるよね。私は前者かな。刺激を求めるなら後者かな。

 

バリ好きごめんなさい!以降は私が感じている不満を箇条書きします。

注意!)今回私が来た場所がたまたまそういうエリアだったからでしょうが、この際主観的に述べさせてもらいます。

バリへの不満① 生物が多すぎて落ちつかない!

トイレの壁にへばりついている謎の虫に、追いかけてくる野犬、なぜか寝ているときに私の顔の上を歩くアリさんたち、、、のんびりできません!自然といえば確かに自然だけど、、、それにいくら虫除けを塗ってもさしてくる、蚊!蚊!蚊!!かゆい!!!!

バリへの不満②とにかくうるさい!

もーー!うるさい!!笑 大通りに出れば「タクシ〜?」「バイク〜?」のおじちゃん。物を売りにくるおばちゃん。細道に入れば吠えまくっている犬たち。。。。ホテルに帰れば「コケコッコーー!!」

 

なんだか楽しくなって来た(笑

 

機嫌が悪いのか?と思うほどの店員さんの無愛想

私がバリに来てすごく「いいな!」と思ったのが、私が歩いていると通行人が笑顔で挨拶するところです。・・・と思ったら、挨拶してくれるのは自分が住んでいるホテルの通りの人たちだけだった!一本違う道に入ると冷たい雰囲気なんですよ。それにスーパーとかコンビニの店員さんの態度がぶっきらぼうなんです。驚くくらい

当たり前ですが、人は笑顔がいいです。笑顔は他人も笑顔にします。そして笑顔は幸せな気分にします。そう。自分の周囲にいる人が自分を作っていくから、環境を選んだほうがいいと私はいつも言っているんですよ。ただバリは私の体験した限りそうじゃなかった。

 

【結論】私は時間でなく○万円を捨てます

つまらない映画は15分で退出する理論

ということで、私は「私がバリにいる意味ってなくないか」と判断したため、フライトを破棄して、早めにこの国を出ます。自分に合わない環境は早く出たほうがいいです。話は脱線しますが、あなたは1,800円払った映画を見始めて15分が経ち、つまらなかった場合どうしますか?最後まで見ますか?それとも退出しますか?

結論から言うと、退出したほうがいいです。この時間が自分にとって「成長にならない」と思ったら途中でやめたほうがいいです。これは「辛いからやめたほうがいい」とはまた別です。もし今自分が「バリにいるのは辛いけど、自分の成長のためになりそうなんだ!」と思うのなら、いたほうがいいです。でも私はこれまで他の東南アジアの国で同じような経験をしたから、もういいんです。つまらないんです。だから出るということです。

 

「つまらないから出る」ということはつまり・・・

もし今日、明日バリにて「ウォッ!これは面白い!!」と言うものに出会ったら、もうちょっとここにいます。それが”旅”ですから。

お金は取り戻せますが、時間は取り戻せません

今日書いた内容は、これに集約されます。「時間は2度と戻ってこない」ということ。出費が惜しいから何も動かないというのは自己投資をしないということです。人一人の人生において、それ以上にもったいないことはありません。即断・即決・即行動です。速さが全てなのです。

 

今回はバリをネタにしましたが、バリが悪いのではありません。今の私とバリが合わなかっただけです。

最後に。今回はバリの不満を挙げて「時間の大切さ」をお伝えしましたが、べつにバリが悪いわけじゃありません。今の自分にとって、ここにいる意味はなかった、それだけです。もしも5年前の私がここに来たら学ぶことはあったでしょう。

ということで、次は・・・

さて、これまでアジアの国すべてに行ったわけじゃないですが、もうしばらくアジアはいいかな・・・という感じです。経由で数日立ち寄ることはありますが、長旅はいいかな、と。ということで、次は・・・

デデン!西にロックオン!!

The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報 ,