ぶらり女の一人旅〜大阪から適当にバスに乗って1泊2日してくるよ!伊賀のローカル線と奈良のワイン

      2018/01/13

さて!日常から飛び出すべく大阪を離れ、1泊2日のぶらり旅に出た話。前回は適当にバスに乗って、三重県の伊賀というところに行きました。ここからは伊賀を離れ、奈良に向かいます

 

ぶらり女の一人旅〜大阪から適当にバスに乗って1泊2日してくるよ!伊賀のローカル線と奈良のワイン

 

伊賀から奈良へローカル線で向かう

では奈良に向かうため、早速伊賀の「上野市駅」から電車に乗ろう!と、思いきや・・・ここはローカル線、電車は30分後の出発だ。

小腹も空いたので、向かいの駅ビルでカレーパンを買った。@108円 こ、これは・・・うまい!サクサクのパンの中に、しっかり肉の味のついたカレーパン・・・このクオリティで108円は、あっぱれ!である。

 

さて、少し早いが電車に乗る。おっ!なんだこのローカル感は!まだ車内に誰もいないじゃないか!

ほどなくしてお客さんが10人ほど乗ってきて、そして電車は出発した。

 

超ローカルな伊賀線

電車は走った。単線のローカル線は、民家と民家の狭い線路を通り抜けていく。もちろんスピードは超安全運転。ほのぼのとした雰囲気がつづく。

 

民家を抜けると、今度は畑と田んぼの原風景が広がる。特に冬だからか、視界が全てベージュ色に移り、少々物寂しさを感じる。そしてこの原風景は果てしなくつづく。

途中の駅で乗車する人もいるが、みんなどうやってこの駅までやってきたのか、というほどの小さな無人駅であたりには何もない所に駅がある。乗車中、添乗員さんに切符を回収される。どうやら伊賀線は珍しい、「車内チケット回収」システムのようだ。

 

30分ほどして電車は近鉄乗り換えのある「伊賀神戸(いがかんべ)駅」に着いた。

可愛い電車^^

 

伊賀神戸から奈良へ

さて、伊賀神戸駅からは電車を3本乗り継いで奈良へ向かう。

乗り継ぎは「大和八木」と「大和西大寺」だ。近鉄なので先ほどのローカル線とは違い、だんだん人も多くなってくるだろう。私は鈍行で行きたかったので、奈良まで1,010円の切符を買った。

「神戸(こうべ)駅」に見えるが、これは「伊賀神戸(いがかんべ)駅」であるw

6番ホームもある伊賀神戸駅もこの原風景である。

 

電車は出発した。・・・いかん、そろそろ携帯の充電が切れる・・・大人しく風景でも見ていよう。弾丸旅だと途中でiPhoneの充電が力尽きる。

・・・・この風景が1時間ほど続いた。途中、大和西大寺で乗り換えた後は人も増え、古都らしい建物が見えて面白かった。そんなこんなで17時前に電車は奈良に着いた。約2時間強の移動、ぼーっとすることで旅をしている感があった。

 

 

一泊1,380円のホステルに泊まる

さて、奈良駅に着いたので、さっきBooking.com
で予約したホステルに向かおう。ホステルの名前は「鹿鐸ホステル(deer hostel)」、駅から徒歩5分のところにあるらしい。

 

駅を出て歩いて向かう・・・あ、あった!

出典:Booking.com

ふむ、閑静な住宅街の中にあるホステル、見た目はなかなか。中はどうだろうか。

 

おお〜、なかなかきれいだ。新築だろう。ほどなくしてスタッフさんがやってきた。が、彼は日本語を喋れないらしく、英語でのやり取りとなった。どうやら日本人スタッフは年始休暇を取っているようだ。特に宿の説明もなく、部屋に通してもらった。

おお〜、普通。普通だが、これで1,380円だったら超お得だぞ。1ヶ月間まるまる泊まっても、1,380 x 30 = 4万ちょっとじゃないか!?おいおい、こりゃ一人暮らしよりはるかに安くつく・・・ここなら部屋も掃除してもらえるし・・・などと、いらない考えが巡る。

静かできれいでシャンプーもついて、駅から近い、これで1,380円のホステル・・・ぜひお試しあれ。

 

 

奈良の”本物”のワインバーへ

さて、時間は夕方6時。もう今日は疲れたし、早めのご飯にするか・・・、そうだ、久しぶりに「おいしいワイン」が飲みたくなってきたな・・・とは言っても奈良でワインなんて「一応ワインも置いています」レベルのお店ばかりではないのか?

出典:http://lvup-japan.com/kuchiguseshinri/

 

ワインにうるさい私は食べログを見て吟味する。。。すると、あった!奈良なのに(⇦古都って言うくらいだからワインなんてないだろうという、勝手なイメージな。)良さそうなワイン屋さんが!さっそく行ってみよう!

 

食べログのページ

 

ホステルから10分弱歩いて向かったワイン屋さんは、「Seve」と言う、ワインもお料理もしっかりと出しているお店。どうやらここの店主がフランスで修行していたらしいのだ。うん、なかなかいい店構えだ。

出典:食べログ

 

ではさっそく、「おじゃましま〜す。」

出典:食べログ

 

わ〜〜!店内は木のテイストでめちゃくちゃきれい!!まだお客さんはいなかったので、カウンターに座って白ワインを頼む。最初はフランス・ロワールのミュスカデ(¥1,000)を頼んだ。う〜〜ん、水々しい・・・。シュール・リーと書いてあるが、全くクセもなく優しい口当たりで乾いた喉を潤してくれる・・・。これで2010年かぁ・・・、全然わかんないな笑

 

久しぶりに美しいワインを美しい店内で静かに一人で飲むのは贅沢なひとときだった・・・。ここのシェフは本当にフランスについて詳しくて、「これほどの人が奈良にいるのか」(⇦「古都奈良」というだけあって、ワインと縁がなさそうというイメージがある)と言うレベルの方だった。面白いなぁ・・・。

 

と、ここでおいとましようかと思いきや、美味しいワインにグルメスイッチがオンになった私は、もう一杯白ワイン

ブルゴーニュ・マコネのシャルドネ(¥1,100)と、ブルーチーズと種無し干しぶどう(¥600)

も、頼んでしまった。シャルドネはさすが、「完熟したブドウを使った」という味わいで、しっかりした味が感じられた。私はこちらが好みだった。そしてチーズはむちゃくちゃ美味しくて、「これこれ!フランスで買うチーズの味!」という味だった笑 まぁ、それほど美味しかったのです。

 

ぜいたくなひとときを楽しんで、私は店を出た。いや〜、ここ「Seve」は本当に良かった。何しろ同じ白ワインでも、キンキンに冷やした方が美味しいミュスカデは氷水につけて冷やし、それほどまで冷やさない方がいいシャルドネは冷蔵保存している。そこを使い分けている点がすごかった・・・デートに超オススメ、大満足でした^^

 

—-店舗情報———-

Seve(セーヴ)

住所:奈良県奈良市西寺林町19-1

HP(ブログ):http://yaplog.jp/closdetart1985/

 

 

2軒目もなかなか良かった

ずっと「Seve」に居たかったのだが、何しろ単価が高くて(汗)ガッツリ食事はできないと思い、次のお店へ。「白ワインを飲んだから今度は赤がのみたいな〜」と思い歩いていると、近鉄奈良駅すぐのところに「piano」というイタリアンを見つけた。

出典:ヒトサラより

 

中に入ると・・・・あっ!ここはレストランというより、カフェか!?う〜〜ん、カフェだと雰囲気でないんだよなぁ・・・しかもスタッフさん、全員20歳ぐらいの方だなぁ・・・と、落ち着いたイタリアンレストランをイメージしていた私はカックリ(ガックリほどでもない)する。

とりあえず、イタリアのサンジョヴェーゼ赤ワイン(¥900)と、前菜プレートハーフ(¥600)を頼んだ。

そして運ばれてきたワインと前菜プレート!前菜プレートがハーフなのに結構ボリューミー!しかも、おいしい!あれ〜、意外にも食事もワインもしっかりしているし、店員さんも若いけど対応がいい!と、いうことで思いがけず心もお腹も満たされた「piano」友達同士などにオススメです^^

——-店舗情報—————

piano(ピアノ)

住所;奈良県奈良市橋本町15-1

公式HP:http://piano.syncronicity.co.jp/

 

 

 明日があるので寝ます

と!いうことで、前回「おいしいワイン飲みたいから都会の名古屋に行こうかな」などと言っていたけど、奈良にもいいワイン屋さんがあったのを知れて超ハッピーだった。伊賀から奈良へ来る途中の伊賀鉄道も、なかなかのローカル線で味があったし、日常で体験できないことを経験しました。

 

国内であっても、ちょっと遠くに行くだけで新しい発見がある。やっぱり旅って大事だなぁ・・・・

 

さて、明日はいよいよ東大寺に行って、「人生初の大仏さま謁見」をしたいと思います。奈良公園の鹿に襲われずに無事に大仏さまにお目見えすることはできるのでしょうか!?

 


 - めっちゃオリジナルな旅情報