年末のサンノゼは安い・安全・穴場で最高!ひとり旅のススメ

年末のサンノゼは安い・安全・穴場で最高!ひとり旅のススメ

こんにちは、カヨだよー。年末で5日間の休みをもらったので4日間、アメリカに行くことにしました。

でも、年末のアメリカなんてハワイを筆頭に、飛行機は満席でチケットが取れない・・・。

 

いや!年末年始でも日本からいけるアメリカがあったのだ!それが、

サンノゼはサンフランシスコに近い西海岸で、アップルやGoogleなどのIT企業が集まるシリコンバレーの都市。サンノゼはビジネス街っていうのもあって、年末年始でもチケットが取れるんです。

 

あなた
年末に飛行機が空いているってことは、楽しくないからじゃないの?

 

と、私も思ったけど実際に行ってみて、「すっごくよかった!綺麗で安全で、こんな穴場がアメリカのあったのか」と感動したので、今回は年末年始にサンノゼを選ぶ理由と、実際にサンノゼ旅行をレポします!

 

 

年末のサンノゼは安い・安全・穴場で最高!おすすめの理由 前編

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由①飛行機が安くて最新機材

ANAで成田→サンノゼ9時間

年末年始は世界中の飛行機が満席に近いなか、ANAが運航する成田〜サンノゼはなぜか空席がある。私が乗ったのは12/28と12/31だったけど、隣が空席だった。

サンノゼへはANAが成田から直行便を出している。西海岸ゆえに行きは9時間の短めフライト。ニューヨークやロンドンは13時間かかるので、気軽に行くことができる。

そしてサンノゼ行きの機材はボーイング787の最新機材で、「乾燥しにくい」「気圧で耳が痛くなりにくい」そして日本の航空会社ならではの「座席がゆったり」していて、窓側の人がトイレに行くときも通路側の人が席を立たなくていいくらいゆっくりしている。

食事時間や離着陸のときは照明が変わり、都度最高に気持ちいい空間を演出してくれる。機内エンタテインメントも申し分ない。さらにご飯はむちゃくちゃ美味しくてお代わりしたい。

 

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由②空港が街に近い

サンノゼ空港は街まで5分だ。飛行機がついたらArrivalゲートを出て道向かいのバス停から空港を出るバスに乗り、2駅目のMetro駅で降りる。そこからライトレールという、路面電車に乗ってダウンタウンまで20分ほどで繰り出せる。

道は大きく整備されており、街自体が新しくて大荷物でも歩きやすい。

年末はバスとライトレールがタダ!

私がバスに乗ったとき、「運賃 Adult $2.50」と書いてあったので3ドルを握りしめていると、隣に座っていたファンキーなおじちゃんが「It’s free for 5days!」と言ってきた。「え、バスが無料?」と思って確認すると、なんと12/28〜1/1は感謝ウィークでバスと電車が無料で乗り放題だという!太っ腹!

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由③ホテルが安くて広い

アメリカのホテルは年々料金が上がっているが、サンノゼのホテルはサンフランシスコに比べて半額以下だ。例えば30平米の広々としたキッチン付きアパートで1泊1万円ちょい。複数で泊まれば割安だ。

 

下はBooking.comで評価9(素晴らしい)以上のホテルの価格帯ごとの部屋数だ。価格帯の横の数が、部屋の数だ。左がサンフランシスコ、右がサンノゼ。どちらも金曜日1泊2人、かつ評価9以上で検索している。

 

サンフランシスコ

サンノゼ

お分りいただけるか?サンノゼの方が低い価格帯で満足している人の数が多い。一方サンフランシスコは¥18,200以上の方が満足している人数が多い。つまりサンノゼは安くても満足している人が多いということ。

 

①Residence Inn Marriott in San Jose Airport

ちなみに今回私が泊まったサンノゼのホテルを3つ紹介する。

サンノゼはマリオットホテルが多い。マリオットと聞くと高級ホテルのイメージだが、サンノゼのそれは高級感は保ちつつ、料金が非常に安いのだ。日本や他のアメリカの都市なら1泊3万円ほどする部屋を1万から借りられる

上は一泊一部屋11,200円の部屋だ。下の写真はロビー。

② The Plaza Suites San Jose

2日目はシリコンバレーに近い「The Plaza Suites San Jose」に泊まった。”プラザ”とつくだけあって、シンプルでモダンというよりヨーロピアンなスタイルで家具が可愛いホテルだ。ここはHotels.comで予約した。

いつもは使い慣れているBooking.comで予約するが、たまに「Hotels.comでしか予約できない宿」があるので調べていたところ、一泊100ドルで掘り出し物件が見つかったのだ。ここも10,000円ほど。

こちらのホテルの部屋は寝室とリビングに別れていて、ダブルベッドが2つに、ソファも2つ。広いデスクで仕事が捗りそうなお部屋だ。そしてテレビが各部屋についている!浴槽もあるので体を温められるのが嬉しい。

③Fairfield Inn Marriott North Silicon Valley

3泊目は別のマリオットに泊まった。1泊11,800円、さすがマリオットは設備がしっかりしている。ちなみに朝食がめちゃくちゃ美味しかった。

バナナとかパン、コーヒーは部屋に持って行ってもいいぞ^^

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由④あまり寒くない

アメリカの冬は暖かいイメージだろうか?実はシアトルもニューヨークもシカゴも冬は0度に近い。それに比べてサンノゼやサンフランシスコは冬でも10度あり、ユニクロのウルトラライトダウンでも十分暖かい。寒すぎないので屋外の観光も楽しめるぞ。(ちなみに夏でも30度しないので住むには最高の場所である)

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由⑤治安がいい

アメリカは都市によって治安に差が出る。西海岸は比較的治安がいいとされるが、サンノゼはサンフランシスコやロスに比べてより治安が良いと感じる。さすがに夜に女性一人でスカートで歩くのはやめてほしいが、殺気立った通りが少ないので安心して観光できる。女性一人で観光するのももちろん大丈夫。

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由⑥見るところがいっぱい

サンノゼは「楽しい観光地!」というよりビジネス街のイメージだ。メインの観光といえばAppleやGoogleの企業見学や、足を伸ばしてスタンフォード大学の見学だろう。これらの機関は年末だから休みか・・・といえばそんなことはなく、確かに通常期より人は少ないが、ビジターセンターなどは開いているので安心して遊べる。

上の写真はスタンフォード大学

 

加えて年末はダウンタウンでクリスマスフェアもやっている。アメリカはクリスマスを過ぎてもお正月まで移動式の遊園地が公園にやってきて、周りにはポップコーン屋等も出てお祭り状態になるのだ。

クリスマスの雰囲気は誰だって大好き。みんなが笑顔のシーズンに是非サンノゼに旅行に行ってみてくれ。

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由⑦現金がいらない

これは年末に関係ないが、サンノゼで現金が必要な場面はチップを渡すとき以外一度もなかった。成田空港で260ドル両替したが、250ドル余ってしまった。サンノゼは技術先進国アメリカの中で最もITが進んでおり、もう現金が登場する機会がないのだ。

ホテルはクレジットカードしか受付けないし、スーパーやレストラン、チケット購入もクレカが基本だ。TaxiはUberが2分で飛んで来てくれて、アプリからチップもすべて払うのでやはり現金はいらないのだ。

これだったら、仕事帰りに17時のサンノゼ行きの飛行機に乗って3連休を過ごすのも簡単そうだ。いやーなんて旅行しやすいんだ、サンノゼ!

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由⑧無料でアーリーチェックインができる

これも年末に限ったことでないが、日本からサンノゼに着く飛行機は朝9時すぎだ。深夜便で疲れているなか、ホテルに荷物を置きにゆき、チェックインの時間まで時間をつぶす・・そんなことサンノゼでは必要ない。

アメリカはアーリーチェックインに柔軟で、部屋が空いてさえいれば、追加料金なしで早めにチェックインができる。たとえそれが9時でもOK。飛行機がついて、ひとまず荷物をホテルに置きに行くのなら、普通に「I’m checking in」と言ってみよう。サンノゼは部屋が余っているのでけっこうな確率で朝からチェックインできるぞ。

年末のサンノゼ旅行おすすめ理由⑨WI-FIがギンギン

年末に限ったことではないが、サンノゼは施設のWI-FIがガンガン効いている。日本では「Wi-Fi Free」と書いてあれど、弱くて使えないことがあるが、サンノゼの建物はWi-Fiが強いので、とっても便利だ。もとい、Wi-Fiがどこでも使えるからと行って、屋外では使えないので、きちんとSIMカードは持って行こう。

年末のサンノゼ旅行がおすすめな理由まとめ

ここまで年末にサンノゼ旅行をおすすめする理由を伝えてきた。サンノゼの一番の観光シーズンといえばバラが咲き誇る5月から9月だが、冬のサンノゼはサンノゼで、アメリカの中でかなり観光しやすいのでぜひ体験してみてほしい。

サンノゼではアメリカ文化に安心して浸れることができる。普通のレストランにスーパーに公園・・それらがきれいに整備され、治安良く過ごせるのだ。こんなに旅人がアメリカ人のように過ごせるアメリカは他では見られない。

ぜひ今度アメリカ旅行を検討するならサンノゼを考えてみてくれ。きっと好きになってリピーターになること間違いなしだぜ!次回↓

サンノゼはメチャクチャ穴場でおすすめ!3泊4日、年末女ひとり旅レポ!

お悩み受付

海外の手続きに関する相談など