まだパッキングしてるの?海外旅行の準備は1時間で済ませよう!

      2017/05/22

こんにちは!Kayoです。突然ですが明後日からニュージーランドです。でもまだ準備は全くしておりません(^O^)

海外旅行の準備って、時間をかけようと思えばいくらでもかけられますよね。ただ、あるコツを知っているだけでチャチャチャ♪と準備できるので、今回は私自身いっしょに準備をしながら、海外旅行の準備のポイントをご紹介していきたいと思います!

 

 

まだパッキングしてるの?海外旅行の準備は1時間で済ませよう!

 

 

 

 

1.バッグを3つ準備する

まずはバッグを3種類準備します。

①ハンドバッグ

②ボストンバッグ

③スーツケース

です。種類ごとに何を入れるか解説します。

 

①肌身はなさないハンドバッグには、すぐ取り出したいものを!

まずハンドバッグには、頻繁に使う物を入れておきます。

具体的には、

パスポート、ビザ→頻繁に提示を求められます。

航空券(予約番号)

・数万円のお金→他の2つのバッグに分散して入れます

・海外保険証書→いつぶっ倒れるかわかりませんので

・電話などの通信機器→ネット環境があると心づよいです

ボールペン→機内で申告書を書く際に必要です。

特にペンは忘れやすいため必ず一本、黒のボールペンをバッグに入れておきましょう。

 

 

 

②ボストンバッグは5kg以内が目安。中には”もしものため”の物を入れておく。

次にボストンバッグ。これは機内の頭上手荷物棚に入れる、少し大きめのバッグです。

ボストンバッグには以下を入れましょう。

 

・数万円のお金→盗難防止のため、ハンドバッグ、スーツケースに分散して入れておきます

・ブランケット、簡易スリッパ、イヤホン→貸し出しがない航空会社も多いです

・着替え→もしものために

・退屈しのぎ→本やおもちゃなど

・100ml以下の化粧水、リップ→機内はムチャクチャ乾燥します。

ブランケットなどは国際線は完備されているところがほとんどですが、一部ないところもあります。事前に航空会社の機内設備をチェックしておくと安心ですね。また化粧水などの液体は100ml以内の持ち込みとなります。保安検査場前に買ったミネラルウォーターは捨てるハメになるので、持っていかないようにしましょう。

 

 

③スーツケースは22kg以内2つまでが基本

最後にスーツケース。この中には現地で使う物を入れておきます。スーツケースの規格は各航空会社によって異なりますが、基本的には22kg以内のスーツケースを2つまで預けられるところが多いです。ただしこれもLCC等は国際線でも預け荷物に料金がかかることがあるため、事前に航空会社の規約をチェックしておきましょう。

スーツケースに入れるものは基本的に「国内旅行で持っていくもの+予備を多めに」という感覚です。一部、国内旅行と勝手がちがうものがあるので、ご紹介します。

 

海外旅行ならではの持っていくべきもの

・薬、ピル→海外モノは良くも悪くも”効きすぎる”ため、使い慣れたものがあると安心です

・サンダル→海外のホテルではスリッパでうろつく文化がありません。サンダルがあれば、ちょっと汚いシャワーやトイレに行くにも便利です

・現地の気候に合わせた服装→当たり前ですが、日本と海外では季節も気候もちがいます。事前に、現地でどういう格好をすればいいのか把握しておきましょう。冬場は荷物が多くなるのでやっぱり旅行は夏がオススメですよね。私はタイミング逃したので、明後日から冬のニュージーランドに行ってきます(泣

・箸→意外と重宝します

(2017年5月15日追記。大事なものがあと2つあったので、追記します!)

・耳栓→海外の夜は騒がしいです。朝早いツアーで寝不足になると体がとてもきついので、耳栓で防音を!100均の耳栓でじゅうぶんです。

・変換プラグ→渡航先により、コンセントの穴の形が違います。※変圧器とは別です。これからの海外旅行のためにも、さまさまなプラグがセットになったものを購入されることをお勧めします。
こーいうの↓

 

ちなみにニュージーランドやオーストラリアは上の写真の、下の段の右から2番目の「O形プラグ」になります。

 

 

 

 

海外に持って行っても意味がないもの

・ドライヤー→海外対応ドライヤー以外は持っていかずに、現地で購入しましょう。そのまま海外で使うと発火します

 

 

国内旅行と同様、海外にも持っていくもの

以下は国内旅行と共通する、スーツケースの中身です。

・数万円のお金

・下着、服、靴、小物類→TPOによって靴や小物だけ替えるというのも、荷物が少なくなる妙案

・化粧品類→現地の慣れない化粧品で肌荒れして写真うつりが最悪・・・とかバカらしいです

・タオル多めに→タオルって、たくさんあると何にでも使えて便利ですよね。

・レジ袋大目に→レジ袋って、たくさんあると何にでも使えて便利ですよね

・日記帳→旅に出ると、新しいアイディアがどんどん出てきます。ぜひ書き留めましょう!

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は「海外旅行の準備のポイント」をお伝えしてきました。「なんや、海外旅行の準備って、国内旅行とあまり変わらんやん」という感じでしょう。そうです。まさに、そう。ただパスポートが必要なのと、多めのお金と現地に合わせた服装。それと使い慣れた化粧品などさえ持っていけば、それで準備は終了です。

「備えあれば憂いなし」たしかにスーツケースは2個まで預けられますが、実際に現地で2個のスーツケースをゴロゴロ転がすのは大変です。できれば1個にした方がいいと思います。現地で空港にお迎えが来る場合は話は別ですがね。

 

ということで、荷物は少なく、思い出は多く!アナタの素敵な海外旅行をKayoは応援しています!では私も、行って来まーす♪

次→ニュージーランドのワーホリでお仕事探すよ!

The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報 ,