【福岡】遠方からの出張におすすめ! 接待で使える名店 Vol1. テーマ「鍋」

   

こんにちはー、Kayoです。

福岡には出張で来る人が多い街ですよね!よく福岡に住んでいると、「今度福岡に出張行くから、夜ご飯探しといて〜」と県外のビジネスマンに言われることが多いです。

出典:まるごと福岡博多より

そんな時迷うのが「お店選び」。美味しくて、センスが良くて、でもカッチリし過ぎないちょうどいい雰囲気で、何より「福岡らしさ」が出せるお店を探すのに毎回一苦労。

今日は、これまで苦労しながら見つけた「福岡での接待におすすめなお店」をご紹介していきます!穴場もあります^^今日は鍋編!

画像の出典:食べログ、Googlemaps

 

【福岡】遠方からの出張におすすめな接待で使える店3選!!「鍋」編

 

1.美味しさも雰囲気も福岡らしさも抜群!!中洲の「水たき長野」

まずは一番オススメしたい「水たき長野」。福岡は新鮮な鳥を使った水たきが有名です。

有名な店では「華味鳥(はなみどり)」ですが、正直「長野」には味でも、スタッフの質の面でも及びません。

 

ポイント1:味が抜群すぎて予約が取れない

ポイントはまず「予約がとれない」こと。冬の週末の夜は数ヶ月前から予約しないと空きがないです。それでも昼だったり、平日は空いていることがあるのでトライしてみましょう。

 

ポイント2:スタッフも、店の雰囲気も大御所感

水たき長野のスタッフはなぜか”おばちゃん”が多いです。みんな着物を着て、各テーブルを回ってお鍋を作ってくれます。給仕さんみたいにお世話してくるのでたまにうっとうしくなりしますが、「これぞ博多の名店!」ってサービスですよね^^

お店の作りも、和を基調とし、テーブル席と畳席から選べます。もちろん、ビールは瓶ビールが基本。

 

ポイント3:中心街から少し離れている隠れ家感

水たき長野は福岡の中心街「天神」の隣の駅「中洲川端」が最寄りとなるのですが、駅から歩くと少し遠いです。だからタクシーがベター。中心街から離れているのに人気店というところがその実力を物語っています。

 

まとめ

とにかく「水たき長野」は私が一番おすすめする福岡の名店です!!「あ、水たきって、こんなに美味しいのね」って思うはずです!!


【店舗情報】水たき 「長野」

営業時間:12:00〜22:00

住所:福岡県福岡市博多区対馬小路1-6

食べログHP:水たき長野

予算のめやす:一人あたり4,000円

 

 

2.福岡といえばやっぱりもつ鍋!使い勝手もいい赤坂の「やま中」

福岡のグルメといえばやはり「もつ鍋」は人気でしょう。福岡の街には多くのもつ鍋屋が並んでいるし、居酒屋にもシメとしてもつ鍋を置いているところがほとんど。

さて、このもつ鍋激戦区でおすすめするのは「やま中(やまなか)」というお店。

 

ポイント1:スーパーの2階には・・・ホテルのような高級感

やま中は、大きいのに場所がわかりづらいです。理由は「普通のスーパーの2階」にあるから。

「SUNNY」というスーパーの右側に小さな階段があり「やま中」と書いているのでそれを登って行くと、もつ鍋やま中に着きます。最初来た時は銘店らしからぬ入り口に、全く気付きませんでした。でもこの「知らない客は入れない」感がその隠れ名店感を物語っています。

いざお店に入ると、わっ!ここは、ホテルのロビー!?という雰囲気。

謎な高級感のフロントです!

 

ポイント2:名店なのにメニューが豊富で使い勝手がいい!

やま中はもつ鍋がメインですが、サイドメニューも豊富です。「一本明太子」とか、ワインリストもたくさんありますので、「もつ鍋ちょっと苦手だわ」って人も一緒に楽しめます。

もつ鍋を食べたらシメはやっぱり「ラーメン」と言いたいところですが、やま中のシメの麺は”チャンポン”なんです!ぜひご賞味あれ!

 

ポイント3:”高校生はお断り”&”現金のみ”に注意!

やま中は幅広い世代に親しまれるお店ですが、「高校生未満はお断り」なお店です。それは親が同伴でも同じ。店の雰囲気作りでしょうか。ということでお子さんをお連れの方は他のもつ鍋の名店「慶州」とか「楽天地」など行かれてみてください♪あと、お支払いも現金のみですので注意しましょうね。

 

まとめ

もつ鍋やま中も予約必須のお店です。特に冬は数ヶ月前から予約しておきましょう。orキャンセルを狙って「今空いていますか」と直前に電話するのも有効なお店ですので、トライしてみましょう!

注)トイレです


【店舗情報】 もつ鍋 「やま中」

営業時間:17:00〜23:30

住所:福岡県福岡市中央区赤坂1-9-1 サニー赤坂店 2F

食べログHP:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40004383/

予算のめやす:一人あたり4,000円

 

3.福岡は餃子も有名!”炊き餃子”って知っている?「池田屋」

さて、お次は福岡で近年流行っている「餃子」の隠れ名店を紹介します。みなさん、福岡はひとくち餃子が有名って知っていましたか?鉄鍋餃子は誰もが知っていますが、ここで変わり種の”炊き餃子”をご紹介!その名も「池田屋」

 

ポイント1:”炊き餃子”という新ジャンル。水餃子とは全然違う!!

”炊き餃子”と聞くと、「水餃子と似ているのかな」なんて思いますが、全然別物。水餃子はあっさりスープなのに対して、炊き餃子はコッテリな、豚骨ラーメンを彷彿とさせる満足感。それでいて餃子との調和がうまく取れた「へぇっ!意外にもめっちゃ美味しいやん!」っていうお味。

 

ポイント2:ほんっとうに隠れている!名店探しは迷路だぞ

この池田屋、場所は福岡のメインストリートから西に入った「かなりごちゃごちゃしたエリア」の中。住宅や小さいショップがある細い道から更に細い道に入り、「え〜、ここ本当に入っていいのかよ〜」という雰囲気。

ラーメン「一幸舎」の向かい側にある、

なんと、この隙間!!ここを入り、しばらく歩くと怪しげな扉の前にたどり着きます。ここが池田屋の入り口。

でも大丈夫。店内は広々としていて、忘年会や大人数の飲み会でも使えるお店です♪

 

まとめ

「池田屋」は、”ひととおり福岡のグルメは楽しんだわ”っていう人に超おすすめ!味は美味しいし、隠れ家感半端ないし、このお店を紹介すると「お前面白い店知っているな」なんて思われちゃいます!新ジャンル「炊き餃子」の「池田屋」、道に迷わないようにして行ってみてください♪

 


【店舗情報】 炊き餃子 「池田屋」

営業時間:18:00〜23:00

住所:福岡県福岡市中央区大名1-4-28

食べログHP:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40004452/

予算のめやす:一人あたり4,000円

 

接待で使える福岡のおすすめ店Vol.1 テーマ「鍋」 まとめ

いかがでしたか?今日は、遠方からの接待で使える福岡の名店を3つご紹介しました!特に水炊き「長野」は、初めて福岡に来る方や、ご年配の方でも誰もが楽しめて美味しくて「水炊きってこんなに美味しいんだ」っていうのを教えてくれる名店です!ぜひ最初に行ってみてください!

 

福岡にはまだまだ隠れた名店がたくさんあります。これからもテーマ毎にご紹介していきますね!

次→【福岡】遠方からの出張におすすめ! 接待で使える名店 Vol2. テーマ「coming soon….」

 

 

 - めっちゃオリジナルな旅情報