女一人〜アメリカ大陸横断記。②準備編

      2017/09/05

こんにちは、Kayoです。さて、始まりました「アメリカ大陸横断記」。前回は、6年前にアメリカを電車で横断することにした経緯をお伝えしました。前回:20歳のとき、女一人でアメリカ大陸横断しました。①きっかけ編

今回は、アメリカ横断の計画とその準備についてお伝えして行きます。無事Kayoは横断に向けて出発できるのでしょうか!?

 

 

20歳のとき、女一人でアメリカ大陸横断しました。②準備編

 

 

アメリカ横断での願望

出発はシアトル。ゴールはニューヨーク。

私のアメリカ横断は、西海岸のシアトルから始まり、東海岸のニューヨークをゴールにすることにしました。

 

ニューヨークに着くまでにもやりたいことはたくさんあります。以下は私の「その他の願望たち」です。

 

願望①首都ワシントンDCに行きたい

やはりアメリカに留学している以上、首都は行ってみたいものです。いつもCNNニュースなどで出てくるホワイトハウスとはいかがなものなのか。ワシントンDCはニューヨークに近いし、絶対行こうと思いました。

 

願望②グランドキャニオンに行きたい

広大なアメリカで、偉大な大自然も見てみたいものです。よくアメリカ観光で名前が挙がる「グランドキャニオン」とはいかがなものなのか。ただの崖と丘ではないのか。グランドキャニオンの場所は、地図左下の「ラスベガス」の近くにあります。しかし大自然ということは、たどり着くのも難しいのでは?どうやって行けるのだろうか・・・。

 

願望③テキサスをドライブしたい

アメリカ映画で、赤いトヨタに乗ったサングラスの男性が砂漠を時速200kmで走る・・・てなシーンが自分のワイルドなアメリカのイメージです。いったい時速200kmも出したらどんな気分なのか・・・・テキサスの広い道をブイーーーーン!!って、飛ばしたい。テキサスは地図中南部の「オクラホマ・シティ」のさらに南部の大きな州です。

 

願望④とにかく自分がどこまでできるかやってみたい

いろいろ願望はあるものの、そもそもアメリカ横断などできるのか?噂によれば、シアトルからニューヨークまでぶっちぎりで行っても、4,500kmあるぞ?東京〜大阪は500km、その9倍だぞ?できるのか?

という、とにかくやったことないから「できるところまでやってみたい」という願望が第一でした。こまごました観光のプランはいいから、とにかく横断したかったのです。だから私の目標は「どんな手を使っても、横断する。ただし、お金はあまり使わない。」と、シンプルにしました。

 

大陸横断のルート決定!
シアトル〜ニューヨークを11日間で渡ることに

そんな感じで6時間くらい試行錯誤した結果、決まった大陸横断のルートがこちらになります!

地図:成功する留学より

 

 

上のルートマップですが、シアトルとニューヨークを結ぶ間の☆マークが、中継都市になります。区間は7区間、詳細なルートは、

①左上のシアトルから出発し、南のサンフランシスコへ。

ここに行くまですでに1,300kmで22時間かかります。

②その後さらに南下し、ロサンゼルスへ。

ロサンゼルスではハリウッドを見ます。

③そこから内陸に入り、ラスベガス近くのグランドキャニオン最寄りの駅へ。

ラスベガスも行きたかったですが、20歳は未成年でカジノで遊べないため、ベガスは割愛。

④そこから果てしなく長い旅路でシカゴに行きます。この間2,600km、移動時間34時間、一日超えます。

34時間電車の中で過ごします。

⑤シカゴに着いたら最後は東海岸に行きます。日程に余裕があるので東海岸の田舎町でゆっくりします。

今回「テキサスで超高速ドライブは割愛」することにしました。アメリカで25歳以下はレンタカーを借りるのがかなり難しいとのことだったので。

⑥ワシントンDCへ北上します。

ワシントンDCには無料の博物館がたくさんあるので、見て回ります。

⑦そして最後はニューヨークで自由の女神ーーーー!!

「イエエエエエーーーイ!!!」

 

という予定です。チケットは15日間有効ですが、15日間ギリギリで予定を組むと台風などで電車が動かない場合にゆとりがなくなるので、11日間で移動することにしました。だから各都市を1〜2日で周るというタイトスケジュールになります。最後のニューヨークは4日間いる予定にしました。

 

 

鉄道横断の準備

ルートマップが決まったぜい!次は持ち物の準備だ!

必須の持ち物

・チケット・・・AMTRAKのRailPass。

・パスポート・・・海外にいるときは毎日身につけておきましょう。

・クレジットカードと現金・・・場所によっては、「現金が使えない or  カードが使えない」というお店があるので、どちらも必携です。

・下着、洗面道具、服。

 

その他の持ち物

・リュックとボストンバッグ・・・移動しながらの旅のため、スーツケースは持って行かずに、動きやすいバッグにしました。しかし今思うと、重いボストンバッグを抱えるより、小さなスーツケースを転がした方が何倍も楽だったなぁと思う。関連:

【保存版】旅に荷物を持って行くだけでストレス!いるもの・いらないものを斬ります!

・パソコン・・・当時スマホがなかったので、宿泊施設のWi-Fiを使ってネット検索する用に持って行きました。しかし今思うと、当時はブログも何も書いていなかったのに大きなパソコンを背負って行って、「重いVAIOを持って行くより、100円、200円出して、宿泊施設のPCを使えばよかったなぁ・・・」と思います。極力荷物は減らしましょうね。

 

軍資金

約2週間のアメリカ横断旅に持って行った現金は、ゆとりをもって5万円です。電車のチケットはすでにとってあるし、5万円の用途のほとんどは宿泊費になります。だいたい一泊2,000円のホステルに10日間泊まるとして、宿代に2~3万円かかります。他は観光費用や食費になる予定です。

 

 

宿泊を予約する

最後に、宿泊施設の予約です。

ビンボー学生が宿泊するのは、「ユースホステル」という、バックパッカー宿

大陸横断中、ビンボーな私が寝泊まりしたのは、「ユースホステル(略してホステル、現在はゲストハウスなどとも言う)」という、バックパッカーが寝泊まりする安宿です。ホステルは一泊の料金が2,000円前後と、一泊8,000円程するホテルに比べて格安ですが、値段が安いぶん、他のバックパッカーと部屋が同じになります。

 

意外と安全なホステル

「知らない人と同じ部屋」と聞くと、ちょっと怖いかもしれませんが、私は以前バンクーバーを旅した時にホステルを利用して、「意外と安全だな」と思ったため、今回のアメリカ横断でも利用することにしました。なんで安全かと言うと、「旅人に悪いことを考える人は少ない」からです。とはいえ、男性との相部屋は抵抗があったため、当時は女性専用の部屋に泊まるようにしていました。

 

ホステルの予約は3日前がベスト

ホステルの予約は、泊まる日の3日くらい前にインターネットから予約しましょう。それ以上先の予約をしてしまうと、「台風で旅程が変わった」時などに、全てのホステルに日程変更の連絡をしなくてはなりません。あまりに先の予定は立てない方が無難です。ホステルの予約方法はこちらの記事を参考に。関連:

ニュージーランドにワーキングホリデーに行くよ!〜宿泊探し編〜

 

 

 

いよいよ出発!

さて、チケットも取り、荷物も用意して、一日目の宿も取れました。いよいよ出発です!出発は9:00シアトル発の電車です。私は無事に旅立つことができるのでしょうか!?

次回→第1章:シアトルからサンフランシスコへ。1,300kmを22時間で渡る〜

最初はアメリカ最大の州、カリフォルニア州のサンフランシスコへ行きます!しょっぱなから22時間の電車移動にKayoは耐えられるのでしょうか!?車窓からの風景は?そしてサンフランシスコはどんなところ???お楽しみに!

 

次回→20歳のとき、女一人でアメリカ大陸横断しました。③シアトル〜サンフランシスコ(執筆中)

The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報 ,