飛行機のWi-Fiってどうやって使えるの?無料で全員使えるの?の疑問を解決

飛行機のWi-Fiってどうやって使えるの?無料で全員使えるの?の疑問を解決

こんにちは、ボンです。申し遅れましたが私、航空会社で働いています。航空会社ってつまり、ANAやJALみたいな飛行機を飛ばす会社ってことね。

んで、航空会社に勤める前も飛行機に乗って旅行するのが好きで、計200回くらい乗っていました。

 

でも!

これまで乗客として飛行機に乗ってはいたけど、航空会社に入って改めて知ったことがたくさんあります。ということで今回から「飛行機の乗り方・コツ」についていろいろとウンチク流していきたいと思います。

 

第一回目は、最近増えてきた「機内Wi-Fi」について、その使い方と、利用可能な条件などについてお伝えしていきます。

 

飛行機のWi-Fiってどうやって使えるの?無料で全員使えるの?の疑問を解決

 

機内Wi-Fiという新しいサービス

最近増えてきた「機内Wi-Fi搭載機」。これは、「飛行機の中でWi-Fiが使えるよ」という意味。つまりカフェなどで無料で使えるWi-Fiと同じイメージで、飛行機の中でWi-Fiが使えるということです。

これまで飛行機の中は「完全にインターネット断続」でした。携帯電話もWi-Fiルーターも、飛行機のドアが閉まれば全部機内モードか電源オフにしなければいけませんでした。しかし!「機内Wi-Fi」が使えるようになったおかげで、飛行機の中でインターネット通信ができるようになったのです。

KAYO
もはや近未来です!

 

ということは、これまで読書をするか寝るか、ダウンロードした音楽を聴くかくらいしか、やることのなかった飛行機の旅が、地上と変わらなくなったということ。お仕事する人なんかめっちゃ重宝しますね。時代に沿ったサービスといったところでしょう。

 

 

機内Wi-Fiが使える条件

とはいえ、すべての飛行機、すべての路線、すべての乗客が機内Wi-Fiをつかえるのでしょうか?そこんところを深堀します!

 

条件①航空会社によって使えるところは限られる。国内だとANAかJALがメイン

まず、機内Wi-Fiというのは全ての航空会社が始めたわけではありません。というのも飛行機にWi-Fiをつけるのはすっごくお金がかかるんです。だからLCCなどは利用できないところがほとんどです。海外のLCCは追加料金でWi-Fiが使えるところが多いです。

国内の航空会社だとANAとJALが機内Wi-Fiを無料サービスしています。

 

条件②路線によって、というより、飛行機によって利用できる/できないがある

ANAやJALでも、まだすべての飛行機に機内Wi-Fiを搭載しているわけではありません。国内線で半数くらいかなといった感じです。でも離島に運航する小型機(3列くらいの飛行機のこと。国内線の中型機は6列です。)などはまだまだ機内Wi-Fiがついていないでしょう。まぁ、離島への飛行機は飛行時間が短いので機内Wi-Fiにつなげる猶予があまりないでしょうが。

 

機内Wi-Fi搭載機が調べる方法

自分が乗る飛行機に機内Wi-Fiがついているかどうかは、運航する航空会社のHPから自分の予約を確認すれば分かります。もしくは、飛行機に乗る際に自分が乗る飛行機の背中(上の方)に凸っとした、白い四角の何かがついていればそれはWi-Fiが使えるサインです。

画像引用:https://toyokeizai.net/articles/-/202709

 

条件③エコノミーでも誰でも無料で機内Wi-Fiは使える。ただし乗る前に”アプリ”のダウンロードが必要

それでは気になる「乗客のクラスによって、使える/使えないはあるのか?」答えは、「ANAやJALだと、区別はありません!エコノミーでも誰でも機内Wi-Fiを無料で使えます!しかし、事前にANAとJALの”アプリ”をダウンロードしておきましょう」ということ。よかったですね!!誰でも使えるって!!

アプリなんですが、これ意外と忘れやすくて、事前にダウンロード&インストールしておかないと使えません。飛行機に乗る前に以下のアプリをダウンロードしておきましょう。

ANAの機内Wi-Fiアプリ(ページ下部にあります)

JALの機内Wi-Fi[アプリ(ページ下部にあります)

 

 

機内Wi-Fiの使いかた

①それでは機内Wi-Fiの使い方です。まず事前にアプリをダウンロード&インストールしておいてください。

②搭乗から離陸、そして離陸後しばらくはWi-Fiに接続できません。飛行機の運航が一番不安定になるときですから、きちんと機内モードにしておきましょう。

③離陸後飛行機が安定し、CAのアナウンスがあったくらいで、Wi-Fiが使えるようになります。さっそくインストールしたアプリを起動します。

④この際、スマホの「設定」にて「Wi-Fi」はオンにしておきましょう。機内モードもそのままオンにしておいてくださいね。

⑤ここから各航空会社によってやり方は変わりますが、ANAだと「メニュー」から「国内線 機内WiFi」をタップ。

⑥その後は通常とおりブラウザからネットを繋げられます。

 

 

いかがですか?

 

めっちゃ簡単でしょう?しかもこの機内Wi-Fi、アプリを起動したときに色々出てくる「機内コンテンツ」がけっこう面白くて、むしろネットを繋げるというより機内コンテンツで満足しそうになります。機内コンテンツとは、ANA/JALオリジナルで厳選したビデオや音楽、本などのこと。国際線に乗る際に前のモニターに映るものが自分のスマホで楽しめるんですね。あな楽し!

 

というわけで、簡単にネットも機内コンテンツも楽しめる機内Wi-Fi。ANAやJALに乗る前は忘れずにアプリをダウンロードしておきましょうね。

 

まとめ

注意点なども伝えておきます

最後に機内Wi-Fiを使うにあたっての注意点です。

 

①機内Wi-Fiは安定性がまだまだ

→飛行機に乗る日によって、サクサクネットが通じる日と、「ぜんっぜん動かんやん!」って日があります。機内Wi-Fiは100%の接続率じゃないことを覚悟しておきましょう。

 

②離陸後しばらくするまで使えません

→飛行機に乗る人は良くわかると思いますが、飛行機は動き出してから飛ぶまでしばらくかかるし、離陸後に安定する(前の座席のデスクが使える)までしばらくかかります。そうですね、ドアが閉まってから20分くらい。その間は機内Wi-Fiが使えないのでご注意ください。

 

③国内線なら機窓からの風景を楽しむのもいいよね

→日本の国内線の飛行時間はけっこう短いですよね。たまに飛行機に乗る方は、飛行機に乗るときくらい、窓からの風景を楽しみたいかも。機内Wi-Fiは便利だけど、飛行機に乗っているときくらい飛行機の中らしい過ごし方をしたいかも、という個人的な意見です。

 

どんどん進化する飛行機

いかがでしたか?今日は「飛行機のWi-Fiを使える条件と、その使い方」についてお伝えしました。飛行機がWi-Fiを使えるようになったとはいえ、飛行の安全には全く問題ないですし、空の上からの風景を友達に送るのも粋ですね!

あなたの飛行機移動がステキになることを祈っています!