【保存版】旅に荷物を持って行くだけでストレス!いるもの・いらないものを斬ります!

   


こんにちは!Kayoです。先月の1ヶ月周遊旅行から帰り、気づいたことがあります!それが、

 

旅は荷物が少ないほどいいものになる

 

ということ。本来、荷物は旅が快適になるための道具ですが、これが多すぎるとかなりの負担になります。重くてかさばって身軽な動きができなくなるのはもちろん、ただでさえ刺激だらけの旅で物が多いと、物に注意が飛んで無駄な労力を使うことになります。これは実際に旅をしないと気づかないことです。

 

前回は「超絶使いやすいスーツケースの選び方」をお伝えしました。前回:【保存版】スーツケースと荷物を変えたら驚くほど旅がしやすくなりますよ〜Part選び方

 

今回はそのスーツケースの中に入れるべき荷物をお伝えします。旅の荷物は少ない方がいいです。でも、必要なものまで省いて旅が不自由になれば全く意味がありません。旅に必要なもの、不要なもの、代替可能なもの、様々な視点からお伝えしていきますよ!今回も必読です!

 

【保存版】旅に荷物を持って行くだけでストレス!いるもの・いらないものを斬ります!

 

今回のスーツケースは、1泊用のソフトキャリー

今回パッキングして行くスーツケースはミニミニ1泊用の外ポケット付きソフトキャリーです。一泊用でも大丈夫!女の私でも1週間いけちゃいます。

膝丈もない私のお気に入りキャリーちゃん。40L。

 

1週間の宿泊で必要なもの

実際に私が1週間の宿泊でキャリーケースの中に入れていったものです。

上段(左から):化粧ポーチ、メガネ、Yシャツ(仕事用)、Tシャツ(外出着)、柔らかシャツ(寝着)、パンツ(外出着)、柔らかパンツ(寝着)、バスタオル

下段(左から):ハンガー、サングラス、折りたたみ傘、帽子、サロンパス、スマホとパソコンの充電器、ヘアアイロン、パソコン、下着1、下着2

です。けっこうたくさん入ってますよね。でもお土産も入るゆとりです。以下、各アイテムのポイントをまとめます。

 

荷物たちの使い道

・ハンガー

宿に着いたらすぐ、服をハンガーにかけておくと、シワが取れる。リセッシュをかけるとさらに伸びる。

・服

1TPOに1着の服。①お出かけ用、②仕事用、③近所歩き用、④寝巻き。もちろんお出かけ用と近所歩き用のパンツを同じにするなど、重複できるものは重複させる。ちなみに飛行機に乗る時に、スーツみたいなかさばるものを着て行くのが常識。

・帽子とサングラス

海外へ行くときは必携です。

・充電器

海外へ行くときはスマホの充電器の代わりに、USBポート付き変換アダプタを持っていくと、荷物がぐっと減ります。

↑世界各国のコンセント対応かつUSBポート付きアダプタ。私も次の海外の前に買わなくちゃ。

↑昔はこういうのだったんです。荷物増えすぎて周遊には不向きすぎる。

 

・パソコン

小型で性能のいいパソコンがおすすめですが、そうなると高い(パソコンは同じスペックだと小さい方が高い)。MacBook Airでも10万円します。ただしライターだったらMacBook Airで十分です。

ここは旅中に自分がどのくらいパソコンを使うかによって調節しましょう。小型か性能かを取るなら、ライターでもない普通の旅人なら小型を選びます。

ASUSの3万円台パソコン。さすがに3万円を切るパソコンは性能的にきついです。

 

・下着

下着は多めに持っていきましょう。特に下の下着は1週間ぶん丸ごと持っていきましょう。下着を2つに分けているのは、「使用前下着」と「使用済下着」を分別するため。帰宅してからネットを洗濯機に放り投げるだけでいいので、手軽です。

 

【Q&A】 旅先で洗濯って、できるの?

慣れた旅人は「旅先で洗濯するのが基本」です。だから、ビニール袋に粉末洗剤を小分けにするなり、液体ならボトルに入れて少量持っていきましょう。

洗濯機と乾燥機は宿にあったり、コインランドリーを紹介してもらえます。ただお金がかかるので、下着とTシャツなら自分でゴシゴシ洗ってベッドの桟にかけて乾かすのがおすすめです。旅中は羞恥心などなくなります。ただ洗濯は労力がいるので、1週間以内の旅なら帰ってから洗濯しましょう。

 

 


 

女性必見!ポーチの中身です。

ここでもう一つのポイントが。よく目にする光景が、友達グループで旅をする時に、空港で待ち合わせをしていると・・・・

ゴロゴロゴロ・・・・・・

 

まるで台風一過の雪崩のような音を立てて大荷物を持ってくる女性たち・・・・一体彼女たちの荷物には何が入っているのか・・・女性の持ち物でかさばるものの代表に、「服」「靴」そして「化粧品」があります。そう、世の女性は旅といえどおしゃれと美容は怠らないのです。だからと言って旅中も普段と同じ化粧品を持って行くとそれでキャリーケースはパンパンになります。

 

持って行くべき化粧品

化粧品を減らせば全体の荷物もぐっと減らせます!最小限でも美は保てます!ということで、私がいつも持って行くものは、

上段(左から):使い捨て化粧水、化粧下地、コンタクトレンズ用品(ハードも使い捨ても)、真ん中の謎のビン、くし、ミニ石鹸、歯ブラシセット

下段(左から):シェーバー、爪切り、薬、耳栓、使い捨てシャンプー

です。以下、ポイントを解説します。

 

ポーチの中身たちのポイント

ハサミは「持っていけない」と考えておく

航空法では、機内へのハサミやカミソリの持ち込みは禁止です。しかし国内線では「眉毛カットバサミなどの小さいハサミ」なら通してもらえることがほとんどです。しかし海外の航空会社によっては「どんなに小さくてもハサミはダメ」と没収されます。だから、基本「ハサミがいらない生活」を考えましょう。

ハサミが使えないので、1週間以上の滞在なら爪切りを持っていきます。カミソリも使えないので、シェーバー型のを持っていきます。

 

日焼け止め、クレンジング、石鹸、シャンプーは持っていかなくてもOK

旅行中は外を歩くことが多いので、日焼け止めは必須だし、それを落とすクレンジング、それに日本の宿はほとんどついていますが、一応石鹸とシャンプーを持って行くと安心です。しかし宿に備え付けの石鹸や、使い捨てのシャンプーなどは、

 

 

ほとんど洗剤です。

 

肌に良くないんですね。だから変に洗浄力の強い石鹸を使うより、この際もう「お湯で流すだけで体と髪を洗う」のがいいです。でもそれだと日焼け止めが落ちない。そんな時に、一つで超超スーパー使える化粧品があるんです!それが、写真中央の、謎のビン!!!

実はこれ、化粧品じゃないんです。食べ物です。口に入れて安全な食べ物なのに、「日焼け止め」「クレンジング」「保湿」効果のある、最強の食べ物!実はこれ・・・・

 

 

ココナッツオイル

 

なんです!もはやTVなどで聞いたことない人はいませんよね。体にいいと言われているココナッツオイルは、食べるともちろん「肥満、便秘の改善」や「デトックス効果」があるんですが、実は肌に塗っても万能なんです!肌に塗ると、「紫外線予防」「クレンジング効果」「保湿」「毛穴の洗浄」ができるので、シャワーを浴びる際にココナッツオイルを全身に塗ってしっかり流せば、綺麗な肌になるんですよ!

 

お風呂でココナッツオイルを使う時の注意点

ここで1つ注意点が。ココナッツオイルはその名の通り「オイル」のため、ヌルヌルします。だから、シャワーで体の洗浄に使う際は、お湯で体をしっかりすすぐこと、髪の毛はオイルが取れにくいので頭皮に薄く塗って洗い流すだけにする、そして風呂場にヌメヌメが残らないよう、しっかり洗い流すことです。

これらが守られれば、ココナッツオイルでの全身洗浄は超おすすめです。もちろん私は顔にも塗ってクレンジング兼、洗顔兼、保湿として使っています。お風呂上がりは化粧水をちょっとつけるだけで、保湿は十分です!

 

ポーチの中身たちも少ない方がおすすめ

ということで、私の次回からのポーチの中身はこうなります。

ほんっとーに、しょうもない石鹸やシャンプーを使うくらいなら、「お風呂に入らない方がマシ」です。自宅で使っている石鹸やシャンプーを小分けにして持っていっても、旅中はシャワーがチョロチョロしか出なかったり、シャンプーなどを置く場所もない汚いシャワールームでサンダルを履いたままシャワーを浴びるので、まともなケアなど、到底できません!荷物は「使える荷物」だけにして最小限に減らすことが何より大事ですから、ものを持って行き過ぎないようにしましょう。

 

化粧品まとめ

とにかく化粧品も「少ないに越したことはない」です。特に海外の水周りって本当に汚いですから、「手早く、最小限で最低限の清潔さが保てる」ようにするのがポイントです。ココナッツオイルは酸化しにくく、小分けして持っていっても問題ないので本当におすすめです。マスカラも綺麗に落ちますよ!

 

ちなみに今回ご紹介した化粧品は「キャリーケース」の中の化粧品です。ファンデーションなどはハンドバッグのポーチに入れています。そちらの化粧品はまだうまく「最小限化」できていないため、出来次第お伝えしますね。

 

 旅の荷物を斬る!まとめ

いかがでしたか?今回は旅の荷物の選び方についてお伝えしてきました。荷物は少ない方がストレスが少ないし、今の時代、手持ちの物がなくて困っても、スマホで探せば解決できます。それにアレヤコレヤと荷物を持って行くのは、自分に自信のない現れでもあります。私も昔そうでした。しかし旅をして行くうちに自分のことがよく分かり、少ない荷物でも不安にならなくなりました。

旅をするうちに荷物を減らせることは確実ですが、私はここまで荷物を減らすために50回以上旅をしました。だからきっと参考になるはずです。あなたの快適な旅を、Kayoは今日も応援しています!^^

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報 ,