【航空券+4星ホテル】シンガポール航空で行くトルコ9日間の旅が10万円!これは買いだ

【航空券+4星ホテル】シンガポール航空で行くトルコ9日間の旅が10万円!これは買いだ

突然ですが、質問です。あなたが今度10日間の旅行へ行くと仮定して、どちらがいいですか?

A:日本から直行便のトルコ往復で17万円

B:日本からシンガポールで1日遊んで、その後トルコへ行って往復で8万円

 

旅行なら「色々見てみたい」から、Bがいいかな。ってか、航空券が9万円も違うから、Bかな

という方が多いんじゃないでしょうか?

 

結論から言うと先日、日本〜トルコ往復8万円台の飛行機を見つけました。

それもシンガポール航空で行く、シンガポールで1日遊べる9日間!宿付きで10万円台!

これは「買いだ」と思い、すぐに購入しました。2019年現在、トルコは通貨が底値をついているため、旅行するにはもってこいです。

 

トルコ、行かない手はない

 

今回は、トルコ旅行を決める前に必要な知識とトルコ往復航空券&ホテルの見つけ方を伝えます。

 

【航空券+ホテル】シンガポール航空で行くトルコ9日間の旅が10万円!これは買いだ

 

 トルコ旅行の現実性。治安と入国と天気は?

まずはトルコ旅行が現実的か?について。

「トルコ」と聞くとどういうイメージがあるか?文化的で、建造物も古代の遺跡も見事な観光地というイメージと、イスラム国に近くて怖いイメージが少なからずあるだろう。ただ、中東に近いというだけで本当にそうだろうか?

 

治安:テレビではなくて外務省の情報を参考にしよう

国の治安がいいか・悪いかはテレビの情報ではなく、外務省安全情報を参照しよう。外務省の情報が信ぴょう性が高いからだ。

世界地図を見てみると、色を塗っている箇所がある。色によって危険度が分けられる。基本的にレベル3以上は入国が禁止されている。

この中で、トルコは

南東のシリアの国境地帯周辺と、北西のヨーロッパとの境目が危険とされている。

シリア国境地帯の黄色以上の箇所は”観光で訪れることはない”からまず気にしなくていい。

気になるのは北西のイスタンブール付近だ。ここは空港があるから観光客も使う。

ただ、黄色は「十分注意してください」レベル1だ。同じくレベル1のインドやインドネシア、タイへ行ったことがあるが、十分に注意すれば問題なかったので大丈夫だ。

 

参考がてら私が海外に行く時の治安の味方について、

・白色の地域はスリくらいに注意する

・黄色は夜に気をつける

・濃い黄色以上は案内人をつけない限り行かない

ようにしている。結論から言うとトルコは「気をつけながら行ってOK」だ。ただし夜間は注意!

 

入国:トルコ旅行はビザ必要なし!

海外へ行く上でもうひとつ気になるのが「ビザは必要か」問題。国によっては1ヶ月以上かかるところもある。

 

ヨーロッパなどのメジャーな旅行先なら不要な「ビザ」。でもトルコは中東だし、必要かも・・・ 

大丈夫!トルコは90日以内の旅行ならビザは必要ないです🎵

最近はアメリカでもESTAとかオーストラリアはETASとかの、パスポート以外に必要な簡易ビザみたいなものを要求するから、トルコは旅行が簡単な国だなぁ🎵

 

天気:東京マイナス2度くらい!

トルコは暑そうだけど、一年を通して日本と似たような気温だ。気温は東京より若干低い。降水量は冬の方が雨(雪)が降るので、トルコ旅行は冬を除けば過ごしやすい。

KAYO
せっかく旅するのに、暑すぎたり寒すぎたり雨が降りすぎると台無しだから、季節選びはめっちゃ大事です!

 

 

トルコ往復航空券のみつけ方

それでは本題。今回私が見つけたトルコ往復航空券は8万円台だ。安い理由はシンガポールを経由するからだ。

でも、いざトルコの安い航空券を見つける際に、「シンガポールを経由すれば安くなる」なんて気づかない。じゃぁ、どうやって安い路線を知ることができるのか?

 

実は私はこの時、「一度エクスペディアで安いパッケージを探して、お得な路線を知って」からシンガポール経由の格安チケットを買いに行った。以下、私がいつも行う、手っ取り早く旅の予算を知る方法だ。

 

エクスペディアの「航空券+宿泊」で最安値を探す

まずは Expediaの「航空券+ホテル」で出発地と目的地、大体の旅の期間を入れよう。

「検索」を押して、ホテル選択画面から、「三つ星以上」「評価4.0以上」を再検索し、「料金が安い順」に並べる。すると、

トルコ往復+ホテル込みで11万円で行けることがわかる。

次に、適当にホテルを選び、便を選択する。最後にフライトの詳細情報が見れる。

ここで、「ほ〜、シンガポール航空でシンガポールを経由すれば、9日間の旅が宿代含めて11万円でできるんだな」と感覚をつかむ。

このままお得なチケット&宿をとってもいいし、宿にこだわりがある場合は、シンガポール航空のサイトから直接買うのもありだ。

私はいつもこうやって、お得な路線を叩き出している。

 

じつは同じ日程で「日本ートルコ直行便17万円」が出ている。これはターキッシュエアラインで直行便だが、どうだろうか。

シンガポール経由すれば往復航空券だけだと8万円で、9万円も浮かせられるのに、直行便でトータル5時間くらい早くトルコに着けるってだけで7万円高くなる。

しかもシンガポールで観光もできる・・・

 

そりゃシンガポール経由を選ぶよ!

 

注意:トランジット(一時出国)できるか確認しておく

ここで注意が。空港によっては、乗り継ぎの間に出国を制限しているところもあるので、乗り継ぎの間に観光をしたいなら事前にトランジットできるか確認しておこう。シンガポールのチャンギ空港は出国できるようなのでOKだ。

 

おすすめ:ラウンジが使えたらシャワーも使える

乗り継ぎに時間があると、次の便の前に「シャワー」を浴びたくなる。こんな時に使えるのがラウンジだ。一般の方でも4,000円近く払えば使えるが、プライオリティパスを持っていると無料で使える。しかもご飯とかなんでも揃っているし、帰りの便の前でも使えるので一年に1回は海外へ行く人に勧めている。

関西空港のぼてじゅうでプライオリティパス提示で無料?検証してきた2019年3月

 

まとめ:航空券は価値ではなく需要と供給で決まる

今日は10万円で行くトルコ格安旅行をお伝えしました。ホテル込みでしかもシンガポール航空でこの値段は破格です。

乗り継ぎ便を利用すれば、お得になるばかりか、観光できる国が増える

旅行の目的はバカンスや観光など。急いで高いお金出して観光を減らすことはないはず。

 

 日々変わる航空券とホテルの値段をウォッチしよう

このサイトで再三伝えていますが、「航空券やホテルなどの旅行の費用は、価値ではなく需要と供給で値段が決まります」

今回10万円で予約したチケット&ホテルも、時期を変えれば50万円ほどになります。

 

同じ価値を得られるなら、なるべく安い価格がいいですよね。このサイトでは「お得に旅に行ける方法」をお伝えします。

一方で「安い時期に旅行できる環境・仕事」を作るのも大事です。その話は次回にしますね。

では!

 

あとがき

冒頭で「トルコ往復ホテル込み9日間の旅、しかも1日シンガポール観光付きが10万円台で出ていたから、買っちゃった」と言いましたが、その旅程がこちら。

2019年9月出発の便

23:30 関西空港▶️シンガポール 4:40  (6 時間 15 分)

〜丸一日シンガポールで観光🎵〜

1:45 シンガポール▶️イスタンブール 7:45(11 時間 0 分)

 

帰りの便

13:30 イスタンブール▶︎シンガポール 5:00(10 時間 30 分)
〜乗継: 3 時間 30 分=

8:30 シンガポール▶︎大阪 16:10(6 時間 40 分)

 

行きも帰りも、公共の交通機関が使える時間だから、非常に効率的にかつ人間的な時間(昼に活動、夜に寝る)で過ごすことができます。

そして宿はなんと80平米以上のお部屋。航空券とホテル込みで10万8千円!

二人旅行でぜったいこんな広い部屋いらないよねっていう笑

いや〜、シンガポールとトルコ、楽しみだなぁ〜。次回はトルコとシンガポールの旅程の立て方をお伝えします!

 

 

おすすめの記事

なぜ?「ヨーロッパ直行10万円」 と 「中国で乗り換えて5万円」の、航空券の値段の違い

うんざりするほどの飛行機乗り換え時間に、空港ラウンジで休む方法

↑空港のシャワーやご飯が無料になる、プライオリティパスを年会費4万5千→1万円で作る方法