北海道は広い!1泊2日旅行ならどこ行く!?小樽編

北海道は広い!1泊2日旅行ならどこ行く!?小樽編

ボンです。1泊2日北海道旅行。1日目は新千歳空港から車をぶっ飛ばし、富良野と美瑛に行った。そしてまた3時間かけて札幌に帰ってきた。前回↓

北海道は広い!1泊2日旅行ならどこ行く!?美瑛(びえい)編

2日目は小樽中心に巡る。ショッピングと海鮮丼だ!海鮮丼のイメージが、ちょっと違った!

 

北海道は広い!1泊2日旅行ならどこ行く!?小樽編

前日遅かったこともあり、2日目は8時から行動開始の遅めパターン。私たちは車を出し、小樽へ向かった。

本当は札幌の朝市で海鮮丼食べる予定だったけど、昨晩ごはんが遅かったのでスキップ。

そして小樽へ行くすがら、白い恋人パークや時計台などを横目に、「いつでもいけるから〜」と言いながら、こちらもスキップ。前回も行かなかった。。いつ行くんだろう。

 

札幌から小樽は、昨日の美瑛3時間と違って、1時間ほどで着く。

まだ10時前で街は静かだった。ただ、静かな小樽も清々しくて美しい。

ただこの付近、駐車場に困る。小樽運河すぐの駐車場は、1時間300円とか普通にあり「ぎょええ」って感じ。

私たちはちょっと先の「WORKMAN」の隣にあるタイムズ駐車場にした。ここなら一日600円で、まだ良心的だった。

ここに車を置いて・・・と。運河沿いを歩こう。

いや〜、それにしても平和。カモメが鳴いてて、ゆっくりできるなぁ〜。

観光案内所へ行って、ショッピングにおすすめな場所を聞いた。どうやら小樽はガラスが有名で、商店街沿いにガラス屋さんがあるから行ってみてはどうかと。

商店街の端にある北一硝子に向かって私たちは1kmほど歩いた。

b

商店街沿いには、大正ガラスと北一硝子という、ガラス屋さんの店舗がひしめいていた。

どちらもグラスだけでなく、ガラスの箸置きや万年筆、イアリングや髪留めまで、ありとあらゆるガラス製品を売っていた。

日本でガラス製品を使う人は結構多いのではないか?「ではないか?」と言ったのは、私は有田焼の産地の近くの出身だから、アイスコーヒー飲むときも基本的に磁器(陶器より薄く、口当たりがいい)で飲む。

でも、ガラスの涼やかな見た目や、厚みのある感触でご飯を頂くのも面白いだろう。

特に前々からテレビで「ガラスペン」なるものを見かけ、気になっていた。高いものだと20,000円するが、個人用だと1,500円から売っていたので、すごく買いたくなった。買っていない理由は、「手紙をかけるくらいの余裕のある生活になったら買おう」と思ったから。(そんな日は一体いつ来るのか!)

北一硝子も素晴らしい製品を置いていた。だが特に気になったのは、「北一ホール」。ロマンティックな灯火の中でコーヒーがいただけるのだ。

私たちはウィンナーコーヒーをいただきながら、ホールの幻想的な雰囲気にうっとりとしていた。

この商店街にはガラス屋だけでなく、お土産屋やお菓子屋、そうそう六花亭もある。

バターサンドって4個で500円で良心的だな・・。てかこんなにバターサンドが並んでいる状態、そそられるw

一通りショッピングを楽しんだので、お昼ご飯を食べることにした。昼ごはんは、北海道といえばの海鮮丼だ!

私たちは月並みだが、小樽駅隣の三角市場に行った。

ちょっと怪しい雰囲気に見えるのは私だけか?笑

中は「ギュギュ」っとした魚市場で、所狭しと魚介類が並んでいた!そして食堂も、そして客引きも・・

私たちは立ち止まって迷うと「お姉さん、こっちこっち!」と誘われるので、ワタワタしながら何とか店を選んだ。

私が選んだのは「ANA丼」。「え、ANA?」そう、航空会社の全日空とコラボして作った丼だというのだ。普通に見た目が美味しそうだったから選んだ。

中身は、たっぷりのサーモンといくらに、カニとウニ。なかなかの迫力だろう。

海鮮丼は大きく見えるが、実は小さい。ご飯が下にたっぷり入っているから背が高くなって、写真で大きく映るのだ。

実際は丼というより男の人のお茶碗サイズだ。とはいえ、中身が詰まっているので、食べるのに苦労した。

まぁ、その分2,000円超と、十分な値段であった。

 

九州出身の私からすれば、「海鮮丼」とは、たっくさんの種類の魚が乗った丼を思い浮かべる。特にブリやアジといった青魚や、鯛やヒラメといった白身魚、それに貝やイクラがちょこちょこっと・・なイメージだ。

これは鳥取の海鮮丼。九州もこういうイメージだ。

でも北海道の海鮮丼は「ウニ・イクラ・カニ。プラスサーモン」だ。全然違う!やはり西日本からすれば「ウニ・イクラ・カニは高級品」だから、北海道の海鮮丼は「贅沢丼」って名前の方がしっかり来る。

お通しの煮魚も全部は食べきれずに、私たちは店を出た。いや〜、美味しかった〜、というか贅沢した〜。

 

どうでもいいが、駐車場へ向かう帰り道、「ケンタッキー」の袋を持っている家族づれにあった。

日曜のお昼にケンタッキー。これは田舎の究極の楽しみなんですよ。

私も佐賀で暮らしているときは「今日はケンタッキーよ〜!」「わ〜〜い!!」てな感じで嬉しかった。お店は20km離れていたから、市内で用があった時にお土産で買って帰ることが多かった。10人くらいで分け合うから毎回5,000円くらいになっていたけどw

高台で一息

さて、小樽で海鮮丼も食べたし、飛行機は17時だから、空港へ向かおう。私たちは車を走らせた。少し時間があったので、私は定山渓に立ち寄った。

誰もいない静かな森で、鳥の声を聞きたかった。

冷ややかな空気に心が現れる気がした。車を止めてじっと山を見ていると、別の車が駐車して景色を見に来た。

私たちはまた出発した。

 

新千歳空港はワンダーランド!

さて、レンタカーも返し新千歳空港へ戻った。あっという間の1泊2日だった。

新千歳空港では時間が少しあったので、色々見て回ることに。というか新千歳空港はマジでエンタメがすごいので、一日中遊べる。

まずはCalbeeでポテリコを食す!

おおっ、中はもちもちして、ちょっと甘い!これは面白いなぁ〜。片栗粉入ってんのかなぁ〜。

空港内はもちろんお土産屋も充実している。北海道は海産物が多いので、空港で買った方が安心して家まで持って帰れる。

上の階に行くと、長蛇の列ができているお店があった!

「海老そば一幻」というお店で、その名の通り海老そばが名物だ。店の前を通ると「海老のスープ!!」の匂いがすごい。

航空業界で働いている傍ら、噂には聞いていた。オープン当初、列がすごいと。しかし1年経った今でもこんなに人が並んでいるのか!!

 

私たちは味噌ラーメンの気分だったから、スルーして「けやき」というお店に入った。ネットでは「美味しい」と書かれていたが、私たちの他にお客さんはいなかった。

味噌ラーメンとバターコーン味噌ラーメンを頼んだ。

う、う、うまそう・・・。食べてみると、うまかった。あまり味噌ラーメンを食べたことがないが、ちょいピリ辛の味噌なんだな。しかも野菜炒めが乗っているから、すごい健康的!

「うんめぇ〜」と言いながらラーメンを食べていると、ツレが「お客さんが増えてる・・・」と言った。振り返ると!!

店の半分が埋まっている!さっきまでお客さん0人だったのに。

空港は観光客が多いから「どの店が美味しいかわからないけど、人が入っていたら美味しいんだろう」という基準で店を選ぶことが多い。一人のお客さんが次のお客さんを呼び寄せる、面白い

 

あっという間の1泊2日北海道旅行、終わり

「北海道を1泊2日で回るなんて」バカと言われるかもしれない。でも2日でも十分楽しめたし、大きな道路と自然の中をドライブするだけでもめちゃくちゃ癒された。ご飯は美味しいし、最高の土日だった。

今回は富良野・美瑛・小樽と、北海道の中央を回った。

これから何回かに分けて北海道を巡ろうと思う。例えば「函館」「稚内」「釧路」「紋別」「根室」を中心に回ってみるとか。一生かけて終わるかなぁ?

広すぎる北海道を一度制覇してみたい欲を持ちつつ、これからも各地を旅していこうっと!

 

おすすめの記事

第一回:

北海道は広い!1泊2日旅行ならどこ行く!?富良野編

【北海道】GWおすすめ!三日間で行ける、札幌~旭川の観光スポットまとめ

【福井】こんなにあった!車で行ける福井県のおすすめ穴場スポット