オークランドに着いたらクライストチャーチにGO!無料で観れるものがたくさんあるぞ!

      2017/09/20

おはようございます。Kayoです。今は機内でブログを書いています。

機内Wi-Fiができた時には驚きましたが、いずれこのサービスも無料になっていくことでしょう。

さて、現在私はオーストラリアからインドネシアに行く飛行機に乗っていますが、おっと、オーストラリアどころか以前のニュージーランド・クライストチャーチに関する記事も書いていませんでした。

ということで今回は私が2週間前に到着したクライストチャーチinニュージーランドについて語らせてください!お願いします!

オークランドに着いたらクライストチャーチにGO!無料で観れるものがたくさんあるぞ!

 

 

Contents

タイトルの通り、クライストチャーチには無料の施設がいっぱいある!

まず前回の記事で「ニュージーランドの玄関口・オークランドを楽しむ方法」をお伝えした通り、日本からニュージーランドに行く場合、まずはオークランドに降り立つことが多いです。数日オークランドにステイし、フライトの疲れを取ってからまたクライストチャーチへ・・・というのが私たちバックパッカーの王道です。

 

オークランドからクライストチャーチへの飛行機は3,000円!?

オークランドからクライストチャーチは飛行機で2時間ほどです。運行航空会社はNew Zealand AirlinesとJetstarの2つ。前者は大手レガシーキャリアで後者はLCCです。

LCCの強みは、その安さ!そう。セール中でもないのに、オークランドからクライストチャーチへの飛行機は3,000円からあるんです!安っ!もちろん、預けて荷物を追加すれば5,000円ほどになりますが、それでも安い。

たった2時間のフライトにフルサービスは期待しないし、全然ジェットスターでもいいな・・・という感じですね。航空券の予約サイトは現在Skyscannerが一番安いと思います。

 

クライストチャーチ行き便を予約するときの注意点

ここで航空券を予約するときに1つだけ、かなり注意したいことがあります。それが、「到着時刻」。私の場合、目先の3,000円フライトだけ見て予約したら、到着時刻が21:30でした。

21:30って、そんなに遅くないし、バスも走っているし、ニュージーは治安もいいから、普通にバスでホテル前行けるだろう・・・と思っていた・・・が、実際に着いてみるとその日は雨。しかも秋なのに0度くらいの寒さ!そして人気(ひとけ)が全然ない!


その時の空港の様子です。

クゥ~~っ、こうなったらタクシー使うかぁ・・・と思ってタクシーの運転手に、「15分先のホテル(10km)までいくらですか?」と聞くと、「45ドル」との回答が!えっ!?45ドル?4,000円!?ウソでしょ!?そう思い、後ろのタクシーにもその後ろにも、その後ろにも聞いたが、全員40ドル台との回答!高い!!!!

 

そう。ここニュージーランドはタクシーがありえないほどに高いんです。東京より高いんじゃ?ゆえに、ニュージーの空港につくときは少なくとも深夜帯は避けてバスに乗れるような到着便に乗るようにしましょう。因みにバスは700円くらいです。シャトルバスは2,000円です。でもシャトルバスも20時過ぎるとあんまり走っていないから、気をつけてね。

 

クライストチャーチの宿でオススメなのは、YHAクライストチャーチ

無事にクライストチャーチ空港に着いたら、バスに30分乗って、市街地のバスセンターまで8ドルで行こう。到着地は一番大きなバスセンターだから、迷うことはないだろう。

今回クライストチャーチのステイで私がオススメしたいホステルは、「YHAクライストチャーチ」。オーストラリア拠点のチェーンホステルで、宿泊者数も多いが、かなり静かで心地が良い

トイレもシャワーも広くて綺麗で数も多くて、「ほほ~~、ここ、めっちゃいいホステルやな」と心底感心した。キッチンと食堂も2つある。共有テレビで観るDVDもいっぱいあった。

難点は3つ。①ベッドがすんごいきしむ。2段ベッドの片方が寝返りを打つと、バコバコベッドがきしんで、最初は彼女に何かが憑依したかと思った。②洗濯機と乾燥機が異常に少ないから順番待ち必須。③スーパーが1km先くらい。コンビニもなし。

この3つに目を瞑れるなら、かなりいいホステルだ。私はここに全泊した。宿泊料金は、一番安い男女混合ドミトリーで2,500円くらい。男子、女子専用だと2,800円くらい。予約方法は最近Booking.com
にはまっています。


 

宿をとって疲れを癒したら、街中散策開始!

さて、クライストチャーチの観光開始だ。正直、クライストチャーチは、歩いて回れる見所がたくさんあって便利な観光地だ。以下、私が実際に行ってオススメだった見所をご紹介します。

 

美しい緑と紅葉、水辺のカモに癒される、Botanic Garden

ここは市内の一番西側にある、無料の公園だ。公園と言っても海外の公園はデカイ。ぐるっと外周しようとすると1時間では足りない。ここでは緑や赤や黄色に色づく大きな木々やキラキラ落ちて行く葉っぱたち、静かに流れる川辺の水浴びをするカモたち、全てのときの流れが丁寧で優しい気持ちになれる。

自然の大きさと美しさを感じながら、早起きした体でランニングすれば、気持ちいい汗が流れてリフレッシュすること間違いなしだ。

 

無料だけどテーマがたくさん!な博物館「Canterbury Museum」

先ほどのボタニックガーデンの端にある「Canterbury Museum」では、無料で様々なテーマの展示物が見れる。ニュージーランドの歴史や文化の紹介ブーズを中心に、私が行った時は、恐竜展、動物の生態店、そして日本のタトゥー展があっていた。正直、日本のタトゥーなんて遠山の金さんくらいしか見たことがなかったため、かなり見ごたえがあった。西洋の人も和モダンなデザインのタトゥーを物珍しそうに見つめていた。

ここも1階~4階(4階はカフェ)まであって、じっくり見ようと思うと1時間以上はかかる。館内はWi-Fiも使えるぞ。

 

無料の博物館の後は、無料の美術館「Christ Chursh Art Gallery」へ

先ほどの博物館から2ブロックほど歩くと、今度は美術館が見えてくる。外装からしてなんともモダンな印象だ。中に入ると、バッグを預けるように言われるが、カメラや携帯の持ち込みはOK。というか展示物はお触りNGの撮影OKという、なんとも寛大なシステムだ。

展示テーマは5個くらいある。美術館は20分で見て回る人もいれば、じっくり1時間かける人もいるだろう。こちらは博物館ほどのボリュームはないため、気楽に見て帰れるだろう。

 

大地震の中心地の広場ではマーケットが開かれる。そこでランチしてみる

さて、美しい自然と博物館と美術館を回ったらちょっとお腹がすいてきたので、街の中心地にある「Cathedral Square」へ。この公園ではお昼頃に様々な料理の屋台がやってくる。アジア料理からホットドッグ、カフェやイスラム料理・・・今回私はパエリアを頼んだ。700円。味はほとんど「チャーハン」だ。

実はこの広場は2010年に地震の被害をもろに受けた教会の目の前の広場。私が行った時は広場の中心でStatementが行われていた。ここはニュージーランド人にとって、いろいろ考えさせられる場所なのだろう。

 

市内を歩き回りながら、再建設に追われる建物を見て回る

昼ごはんをしっかり食べた後は、運動がてら市内をぐるりと回って観る。どこを歩いても思うのが、やはり地震の爪痕が色濃く残っていて、古いビルのほとんどが再建設途中、道もボコボコで工事だらけ。通れない道もたくさんある。とても建設物が美しい街なだけに、地震の被害が痛々しいほど目に入る。

それにしても地震があったのは今から7年前。それなのに修復が全く進んでいないように見えるのは気のせいか?いや・・それは気のせいではない。ニュージーに住む日本人曰く、この国は資本が小さいから工事にものすごい時間がかかるのだそう。別に地震で壊れたわけではない建物の建設でも、1年とか3年とか、ザラにかかるらしい。日本なんかあっという間にビルを建設するから、そう考えると日本の建設はすごいなと思う。

いずれにせよ、道もよくふさがっているクライストチャーチ。遠出の際は時間に余裕を持って出発したい。

 

地震後に建てられた、日本人がデザインした教会で日常に感謝する

街の東部まで歩くと、今度はひときわ賑わっている教会が目に入る。ここは「Cardboard Cathedral」。2010年の地震があった後に、日本人の建築家が仮説の教会として紙で作りました。

ここは多くの観光客で賑わっていたが、ここは教会。できることなら、ただ観光に来て写真を撮って帰るだけでなく、少しお祈りすると気持ちよくなる。私は教会の椅子に座り、今私がこうやって旅をできていること、周りの人に支えられて生きてこれたことを感謝し、味わってみた。あたたかい気持ちになった。

 

歩き疲れたので、インパクトがデカすぎるコーヒー屋で夜ご飯も食べる。

さて、教会も回ったし、ちょっと休憩したいな・・・そんな時に目に飛び込んだのが、

「Robert Harris」。ここはニュージーにいくつかあるコーヒー屋さんだ。中に入ると・・・・

さ、サンドイッチ!と、パイ!!と、キッシュ!!!が、

うまそう!!!!

このインパクトはカメラで50%も伝えることができないが、とにかくデカくて実があふれんばかりに入っているのだ!!

初めはコーヒーだけ飲むつもりだったが、このとろけるようなディスプレイを見た私はたまらなくなり、どれを食べるか悩む。とりあえず、フランボワーズブリーチーズキッシュ700円を頼んだ。

温められて、やってきた!!

う、うまそう~~~~!!!!

 

そして、食べる!!と!!!

ふぁぁぁ~~!!シアワセ!!!調子に乗って動画も撮ってみた(笑

とにかく美味しかった。とろけるほど美味しかった。コーヒーもブルーボトルコーヒーの味に近い、スッキリ爽やかなbrewed coffeeで、キッシュとの相性抜群だった。ニュージーに来たらRobert Harris 絶対ぜったい行ってもらいたい!!!

 

 

見所たくさんのクライストチャーチ市内を回ったら、次は「世界一の星空」を見に行こう。

さて、市街地探索も終わり、クタクタになった足でホステルに帰る。今日はピノ・ノワールを見ながら映画でも見ようか?静かな部屋で読書でもするか?それとも明日の用意をする?思い思いの時間を過ごそう。

またキッシュ!

ここでひとつ提案が。もしもクライストチャーチまで行ったらぜひ足を伸ばしてほしい場所がある。それが「レイク・テカポ」だ。ここは「世界一の星空」として有名で、天の川が肉眼で観れる。クライストチャーチからバスで 時間ほどだから、ぜひ足を伸ばして見てほしい。

 

クライストチャーチからレイクテカポへの行き方

レイクテカポへは、早朝のバスで向かう。朝の7時過ぎ発だったか?バスは事前にネットで予約しておこう。詳しくはこちらのサイトをどうぞ。星空世界遺産テカポ湖への最もおトクな行き方を徹底解説!

 

テカポへ行く前に天気をチェック!

星空が綺麗で有名なテカポ。曇っていては何も見えない。だから天気のいい日を狙って見に行こう。万が一見れなかったことを予想して、数泊宿を取っておくと安心だ。

 

レイクテカポの星空を見て来た・・・よ?

すんません、私は・・・レイクテカポに行けませんでした!!泣きたい!!

実は私がクライストチャーチに降り立った時は「今日から5日間連続で強い雨が降る」日で、テカポ湖へ行っても星空が見えなかったんです。それに、秋のテカポなんて凍えるほど寒く、友達曰く「星空観察どころじゃない」のだそう。完全にシーズンミス理ました。すっごく反省しました・・・ということで、夏になったらまた見に行きたいテカポ湖。むしろ冬に行ったチャレンジャーは、どんな旅だったか教えてください

 

テカポ湖を諦めた私は、ただただクライストチャーチの静けさに浸る夜を過ごした。

このようないきさつで、せっかく南島に来たのにシーズンオフで雨に見舞われた私の旅。この際ムリして色々見るのはやめて、クライストチャーチでおとなしくすることにした。毎朝早起きしてイングリッシュティーを飲みながら記事を執筆し、昼にはロバートハリスにスッキリしたコーヒーを飲みにいく。

教会でお祈りして、ホステルでドイツ人のルームメイトと旅について語り合い、夜はシトシト降る雨音の中、ライトアップされた建築物を見ながら、ブラームスの「六つの小品~間奏曲イ長調」を聴く・・・

そんな丁寧な日々を過ごしていると、ふと変な気持ちになった。なんだろう、この優しい気持ちは・・・そんなことを考えながら凍えるような寒さも楽しみ始めて来たころ、私はオーストラリアへ行くことにした。

 

 

クライストチャーチまとめ

今回はニュージーの南島の玄関口、クライストチャーチでの私の過ごし方をご紹介しました。何だかとりとめのない記事になりましたが、クライストチャーチはオークランドと違い、建築物がヨーロッパ風で美しく、人々もより静かです。とっても優しい気持ちになれる街でした

またクライストチャーチはどこの施設も無料で見て回ることができ、アジア各国で常識の「入場料」がなく、とっても気が楽でした。

それに夜寝ていると静かすぎて怖くなって起きる・・・くらい静かな街でした。そのおかげで自分を見つめ直すことができたし、他人にも何かしてあげようという心の余裕も生まれます。とにかく優しい気持ちになれるクライストチャーチ。子供ができたら住みたいなぁ・・・とジンワリ思える街でした。

 


The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報 ,