【乗り継ぎのコツ】長時間のフライトでも疲れない方法〜チェックリスト

      2017/11/15

こんにちは、Kayoです。みなさん長時間飛行機に乗るときって、何か対策をされていますか?現在、ローマから関西空港へのフライトは飛行機を3便乗り継いで移動しています。全体の所要時間は約24時間・・・ムムム、長い・・・こうなると体に負担がかかりやすくなりますよね。

機内は地上と違い、気圧も低く、また狭い座席で体を動かせず、より不自由を感じます。今回はそんな長時間フライトに備えて私がいつも実践している「機内で疲れないポイント」をお伝えしていきます^^

 

【乗り継ぎのコツ】長時間のフライトでも疲れない方法

 

予約時のポイント

1 通路側の席を取る。

まずは予約時がかなめ。長時間のフライトでは座席指定をしておくことをお勧めします。お勧めは「通路側」。通路側だと気兼ねなくトイレに行けるし、気持ちも楽です。ストレッチがてら、頻繁にトイレに行くようにしましょうね。

 

出発前に体を整えておく

長時間フライトの戦いというのは実は数日前から始まってるんですな〜これが。

2 減塩する

むくみ予防!出発数日前から減塩生活を、特に汁物は塩分を余計に取りやすいので注意してね。

3 休肝する

これもむくみ予防!グラス1杯くらいにしておきましょうね。そんな飲んじゃ、や〜よっ。

4 減カフェインする

これは不眠とパニック障害予防!カフェインに弱いベイベーは前日から控えておきましょうね。

5 筋トレしておく

筋肉が衰えていると腰痛の原因に、さらにそこから下痢を引き起こしたりも。適度に全身に筋肉をつけておきましょうね。やっぱ時代は細マッチョ!

 

服装のポイント

6 きつくないけどオシャレな服

まずはむくみ予防に「圧迫をしない」服!

それとテンション上げるために「圧迫をしないけどおしゃれな」服!

この2つを満たすものと言ったら、もう、「ロングスカート」!!これ方程式!

 

 

機内に持ち込むもの

次に超大事な、機内に持ち込むものたち。足元に置くバッグはチャック付きのものを使いましょうね。じゃないと中身が飛び出ちゃうぞっ。

7 睡眠用具

アイマスクとエア枕があれば憂いなしだぜ!

8 マッサージ用具

マッサージボールは小さくてかさばらないし、足の裏をゴロゴロするだけで気持ちいいんだ〜〜。

9 水

お水入りの容器は保安検査で捨てられますが、”空のペットボトル”を持って来ればOK!! 保安検査を出てからの給水所で水を補給できますので、いつでも飲めるように水を持っていきましょう。フライト中の給水ペースは、10時間のフライトなら2リットルが目標!

10 眠くなる本

夜の便といえども慣れない機内で眠れないのは自然なこと。だからと言ってスマホやPCを触ったら、さらに目が冴えちゃう・・・そんな時は「なかなか読み進められない本」を持っていきましょう!それを読んで入ればいつしか必ず眠れますよ・・・

11 着替え

トップスだけでも着替えを持って行っておいて、ランディング間近の朝食の時に着替えれば気分が変わります。これ結構おすすめ。

12 保湿系アイテム

これも必須!!機内はめちゃくちゃ乾燥します!!冬用の保湿化粧品をいつでも使えるところに置いておきましょう。

 

 

機内での過ごし方

最後は機内での過ごし方のポイントです。機内でも常にゴキゲンに〜

13 機内食は6割が目安

フライト中はどうしても「ヒマ」だし、何をするにしても集中できないし、「仕方ない、食うか」・・・・・

それダメーーーー!!

14 迷惑な客がいたら、言ってみる

国際線はいろんな方が乗っているので、たまに「おっ」というような人がいます。 私も先ほどのフライトで、なんだかアームレストがもぞもぞするなと思っていたら、なんと後ろの人が私たちのアームレストまで足を伸ばしていました!ゲッ! 「気にするな」と言われたらそれまでですが、私は「気にします」。

こんな時は素直に「足をおろしてくれませんか?」と丁寧に言ってみましょう。英語だと「Could you OFF your foot?」で通じました。大体のお客さんは言ったらやめてくれます。もしも「Why?」と聞かれたら、「I am UNcomfortable」と言いましょう。それでもダメなら、「OK, I’ll ask the CA」で決着がつくはずです。

15 暇を見つけてはミニミニ体操を

エコノミー症候群やむくみを予防するために、足の体操をしましょう。おすすめは、太ももを小刻みに上げたり、パカパカする太もも体操。それとふくらはぎマッサージ。そして足裏グーパーです。あゝあ・・・気持ちいい・・

16 瞑想

あとは・・・なんだろ、あっ、この際「瞑想」してみるのもいいね!目をつぶって、ただただジーーーーットしておくの。もしこれを1時間できたら、すごく強くなれると思う。

 

長時間のフライトで疲れないコツまとめ

う〜〜ん、こんなもんだったか?また細々思い出したら足していきますね。あ、そうそう、乗り継ぎの空港で「シャワー」が浴びれたら気持ちいいよね。こんな時「プライオリティパス」があれば追加料金なしで空港のラウンジが使えて、ご飯とかシャワーとかも使えるんだよ。まぁ、詳しくはこのページを見てね。

 

ではでは、また近々ヨーロッパに行きたいなぁ・・・See you soon♪

 

The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報