自宅勤務に飽きてきた?だったら気分転換にホテルでテレワークしてみては?

自宅勤務に飽きてきた?だったら気分転換にホテルでテレワークしてみては?

こんにちは、Kayoです。今日は

・自宅勤務がつづくけど、いい加減飽きてきた。

・毎日配偶者と一緒で息がつまる・・・

こういった悩みにお答えします。本記事を読むことで以下がわかります。

・テレワークを自宅以外で行なって、リフレッシュする方法がわかる

・政府が規制を呼びかけていない「ホテルでのリモートワーク」利用方法がわかる

 

 

自宅勤務に飽きてきた?だったら気分転換にホテルでテレワークしてみては?

 

テレワークも、自宅だけだと飽きてくる

「家で仕事ができるなんて、サイコー」と思っていた人が多いはず。でもフタを開けると・・・

「家だけで」ずっと勤務すると息がつまる。好きな場所で仕事ができるならいいが、ずっと家に引きこもり続けるのも楽じゃないと実感している人が多い。

 

私自身、出勤しなくていい環境は、自由に仕事できてラクだし、話しかける人もいないから集中できて良い面は多い!

だけど、一ヶ月以上家に”こもって”仕事をしていると、視野が狭まり、人とのコミュニケーションがなくなり、鬱々としてきてしまっている。

家に引きこもり続けることで、「ある程度のストレスって、メリハリのある生活に大事なんだな」ということがわかりました。

 

 

結論:在宅勤務に飽きたら、ホテルでテレワークしよう

「リフレッシュしながらテレワークできる方法はあるのか?」結論から言うと、

「ホテルのテレワークプランを利用する」のがおすすめです。

 

実は最近おもしろい現象が起きていて、飲食店やエンターテイメント業は営業休止要請がかけられているものの、政府はホテルや旅館などには非常にゆるやかな対応を取っています。

「とくに旅行は規制されているし、飛行機もほとんど飛んでないのに、なぜ?」

と思いますが、実はホテルなどの宿泊施設を利用したテレワークが流行っているのです。

 

ホテルを利用したテレワーク

言葉の通りの意味ですが、「ホテルでテレワークして、リフレッシュしたり、旅気分を味わうことができる」というもの。

確かに、家で仕事をしていて飽きるとカフェやシェアオフィスに行きたくなりますが、隣の人との距離が近く、長時間いるのは敬遠しますよね。

でもホテルなら一人一部屋使えるので、周りを気にすることなく仕事ができます。

写真:CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)東京新橋

 

とはいえわざわざホテルに泊まるのもなぁ、なんだかもったいないな

と思いますよね。そんな時は「デイユースプラン=日中帯に部屋を使うプラン」がおすすめです。

多くのホテルは昨今の状況を受け、ホテルに泊まらない「日中だけ利用するプラン」を用意しました。

 

そして日中利用プランは価格が安い!プランによっては2時間から利用可能というのもあります。

「宿泊は家でいいけど、お昼時だけホテルで仕事したい」「ちょっとだけ気分変えたい」という方にピッタリのプランです。

 

テレワークを応援しているホテルは以下のサイトで見つけよう。

・楽天会員なら楽天トラベルがポイントも高くついておすすめだ。

関連:海外へ年に一度でも行くなら”楽天プレミアムカード”がおトクです

 

・楽天会員でないなら、【Booking.com】は使い勝手がよく、何より日本含め全世界の取り扱いホテルが多いからおすすめだ。


 

テレワークのためにホテルを利用するのに費用面でためらう方もいると思いますが、以下の点も考えればコスパはいいと思います。

・お風呂に入れたり、ドリンクが飲める。掃除をしなくていい

・「ホテルに泊まる」ことを旅行のメインにしている人もいる

 

「ホテルを利用して、リフレッシュしてテレワークをしよう」まとめ

以上、自宅でのテレワークに疲れたらホテル利用をおすすめする件を話してきました。そうそう、遠出は規制されているので、自粛中の方は家から近いホテルを選ぶようにしましょうね。

 

結論が出たので本記事は終わりになりますが、今日は短かったので以下「働き方に対する私の考え」について語ります。興味がある人は見てください。

 

今後も、「テレワークは推奨されるべき」という考え

序盤に「テレワークも飽きてきた」と言ったが、とはいえ基本的に私は「テレワーク推奨派」だ。

 

今回一ヶ月以上在宅勤務をしてわかったことがある。「なんだ、家で勤務ってできるじゃん」ってこと。

さすがに現場で物を扱う仕事は難しいだろうが、私は企画職のためPCで十分事足りる。

面倒な人事の申請書も今回の件で思い切って廃止にしてみた。すると「前々から紙面でのやり取りはやめようと思っていたけど、廃止してもらってよかった」という声をいただいた。

 

テレワークは業務効率の高さでいえばピカイチだ。

会社の決めごとは例え口頭で話しても、「言った/言わん」問題になるから、結局文面に落とすことになる。

集中してデータを扱っている時に口頭で「バサッ」と話しかけられると、せっかく集中していた仕事を後戻りすることになる。その点テレワークだと「集中タイム」を自分で作ることができる。

どうしてもメールで伝えにくいことは、電話やWeb会議できる。特にWeb会議はスライドを見せられるし、対面でプレゼンするのとなんら変わりない。

 

だから私は「業務効率の観点からテレワークは超推奨」する。

外出規制などがなくなり、外に出られる世界になれば地方へ行って、自然の中で人間らしく仕事できる「ワーケーション」を試してみようと思う。

関連:ワーケーションとは?

 

今後も「楽しく働いてかしこくパフォーマンスを上げる」をモットーに仕事に精を出そうと思う。では!