帝国ホテル東京のインペリアルフロア レポ!日本原産・老舗高級ホテルのサービスとはいかに?

帝国ホテル東京のインペリアルフロア レポ!日本原産・老舗高級ホテルのサービスとはいかに?

こんばんは、Kayoです。先日はクリスマスでしたね。

 

クリスマスといえば、「恋人とお泊まりでお祝いする」というカップルも多いのでは。

 

私も先日、「クリスマスだし、どこかいいホテルに泊まりたいな」と思い、東京のホテルを探していました。すると・・・

 

東京・日比谷にある「帝国ホテル」に目が留まりました。

 

帝国ホテルといえば、日本を代表する5つ星ホテル。評判もいいけど、値段もいい!

 

でもでも、「たまにはいいホテルを味わってみよう」と思い、ドキドキで予約した帝国ホテル。

 

行ってみてどうだったのか!?値段の分の価値はあったのか!?厳しい関西人の目で帝国ホテルをレビューしていくよ!

 

帝国ホテル東京のインペリアルフロア レポ!老舗高級ホテルは本当にサービスがいいのか?

 

クリスマスを外して、インペリアルフロアのダブルを予約

今回私たちが泊まったのは12月の第1週目。当初は12月23日あたりの連休の半ばに泊まろうとしていたけど、ちょうどクリスマスシーズンで、部屋代が通常の2倍だったんだ。

私が泊まったインペリアルフロアのダブルルームは、12月23日だと10万円。でも12月8日だと5万円だったんだ。

 

同じサービスで値段が倍も違うなら、用事で23日しか泊まれない!!って場合を除いて、安い方にしたほうが良い。私も今回の宿泊のきっかけは「クリスマス」だったけど、実際は12月8日に泊まった。

 

実は日本全国のホテルは12月に入ると一斉に「クリスマスプラン」を作るんだ。だから12月1日からChristmas特別プランを楽しめる。だったらもう本当に12月24日あたりにこだわる必要はないから、安い方で大正解!

 

 

帝国ホテル東京とは

日本を代表する5つ星ホテル

さて、では帝国ホテルに行く前に、かるく予習を。

帝国ホテル東京は、昔から有名な日本のホテルで、かつてはマリリンモンローやサッチャー首相も泊まりにきたという歴史のあるホテルだ。

 

現代の日本ではハイアットやヒルトン、リッツ・カールトンなどの洋風のおしゃれなホテルが人気のなか、帝国ホテルは「昔ながらの質の良さ・サービスの良さ」を売りにしているという。

 

日本の古き良き老舗ホテル=帝国ホテルとまで言われる、日本を代表するホテルだ。

 

帝国ホテル東京はアクセス抜群

それに帝国ホテルはアクセスがいい。皇居や宝塚劇場に近い、日比谷という街に位置し、東京駅から歩いていける。

それに帝国ホテルが所在する街も、丸の内という、三菱地所がまるっと開発している都市なので、街自体がすっごくキレイだ。女性が好きな場所って感じ。

 

私も1年間東京に住んでいたときに、ほとほと東京の人の多さとうるささに辟易していたが、丸の内は整然として美しく、私も歩くのが大好きだった。帝国ホテルはそんな東京の中心のオアシスに位置する

 

 

行ってきたよ!帝国ホテル東京

ということで、こっからが帝国ホテルレポ!

 

私たたちが帝国ホテルに向かったのは土曜日の夕方。日比谷公園を右手に歩いていると、巨大なホテルに遭遇した。

これが帝国ホテル。これまで「この高級ホテルはなんだろう?」などと思っていたホテルが、今から私が泊まらんとする帝国ホテルなのだ。

 

高鳴る鼓動を沈めながら中へ入る。

 

入館してすぐのパンチが強い帝国ホテル

玄関を入ると、おー!!

広い、賑わっている、てか人が多い!ここはコンサートホールか?というほどの華やかさ。これが帝国ホテルか・・・

フロントでチェックインの列に並ぶとすぐに案内の方が話しかけてきて、「ただいま順番にご案内しておりますので、恐れ入りますがしばらくお待ちください」と丁寧に案内を受ける。

 

フロントに行くと、これまた「お待たせしました。今日はお足もとが悪いなかよくぞいらしゃっていただきました」などと、ご丁寧な挨拶をもらう。

 

チェックインが済むと、今度は案内の人が私たちの荷物を持って、笑顔で部屋まで案内してくれる。

 

 

うわぁ、ステキなサービスだなぁ、帝国ホテル

でもこんなの序章に過ぎなかった。

 

 

 

インペリアルフロアのダブルルームへ

カードキーをかざしてインペリアルフロアへ

予約した部屋は「インペリアルフロア」という特別階に位置していた。エレベーターが止まると、そこには「自動ドア」があり、「カードキーをかざすと、ドアが開く」というしくみ。

そう、一般のお客は入れないのだ。なんだこのVIP感はw

 

 

 いよいよお部屋へ!

部屋の前にきた。ドキドキしながら案内人がドアを開けるのを待つ。中に入ると、

 

おおおお〜〜〜〜〜!!

 

いや〜〜〜〜ん

 

 

 

きれ〜〜〜〜い

ほどなくすると、着物を着たお姉さんが「お茶を持ってきました」と言って緑茶とお菓子を持ってきた。そして「部屋についてご質問はありますか」と。

私はお茶をすすりながら、インペリアルフロアの特典を確かめた。「この部屋は18時からドリンクのルームサービスがあるんですよね?

 

このインペリアルフロアのルームは、18時から20時の間、無料のドリンクサービスがあるのだ。ビールからワイン、ノンアルコールカクテルやハーブティーまで、30種類くらいある。

 

お姉さんは「はい、もちろん」と言って、ワインをいただいたw

 

そして新聞も持ってきてくれた。「新聞はなんでも揃えておりますので、お好きなものをおっしゃってください」と言われたので、大好きなWall Street Journalの英字新聞を頼んだ。

 

それにしてもステキな部屋

いや〜〜、それにしてもいい部屋だ。東京の一等地で30平米超えの部屋に泊まれるなんて。掃除は隅々まで行き届いているし、何よりアメニティなどが豊富だ。

シャンプーなどのセットは3セット置いてあるし、お姉さん曰く「全部持って帰っちゃってください」とのこと。

 

 

 

絶景の穴場!夜は最上階のインペリアルバーラウンジ”アクア”へ

夜ご飯を食べに部屋を出た私たちは、夜の10時頃に部屋に戻ってきた。そしてバーに行くことにした。

オールドインペリアルバーだけじゃない!夜景を楽しめるラウンジアクアが穴場

帝国ホテルのバーは、2階にある「オールドインペリアルバー」が人気だ。マリリンモンローも嗜んだバーだからだ。しかし私たちが行った時は何組がお客さんが並んでいた。

 

そういやこのホテルには「絶景の見えるバー」があるらしい。ということで、最上階に近い「バーラウンジアクア」へ行くことにした。これが大正解!

 

バーラウンジアクアからは絶景が見えた。雰囲気も落ち着いており、ゆっくりお酒を飲んだり食事ができる。

なんと贅沢なひとときだろうか・・・日比谷の街を見ながらカクテルを楽しんだ。

バーラウンジアクアのカクテルは1杯1,800円+サービスチャージで、二人で1杯ずつ飲めば6,000円近くと、かなり高いが、「泊り客は約40%オフ」なので、3,000円台で楽しめた。

 

 

朝ごはんを食べるなら  ルームサービス

めいっぱい帝国ホテルの夜を楽しんでよく眠ったら、あさが来た。そういえば朝食は?

帝国ホテルの朝食は選択制だ。「朝食なし」「レストラン朝食」「ルームサービス朝食(要予約)がある。レストラン朝食もルームサービス朝食も、だいたい一人4,000円だ。

 

朝ごはんはルームサービスで特別な時間を

おすすめはルームサービス朝食だ。ルームサービスで朝食って、普通のホテルにはないし、何より”オムレツが美味しい”らしいから、試してみぬわけにはいかない。

 

ルームサービス朝食は前日の夜11時までに、ベッドにあるルームサービスオーダー表にオーダーを書いて、部屋にかけておく必要がある。で、このオーダー表が、迷う!

 

まずは「アメリカンブレックファスト」か、「コンチネンタルブレックファスト」か、他の何かを選ぶ。オムレツがついてくるのは「アメリカンブレックファスト」なのでそちらを選ぶ。

 

次に、フルーツかジュースを選ぶ。フルーツはパイナップル、グレープフルーツ、パパイヤから選べる。私は珍しいパパイヤを選んだ。

 

日本一おいしいパパイヤの発見

翌朝、頼んでいた9:30にルームサービスがやってきた!うわぁ〜〜〜〜〜

オムレツが、まぁるくて、黄色くて、ス・テ・キ!パンとジャムもたくさん!もちろんコーヒー紅茶もポットサービスだ。そして、すごいのが、これ!!

この、パパイヤ!どうだろうか?パパイヤを半切りにして食べたことのある人はいるだろうか?

実は私はパパイヤに美味しいイメージがない。いつもホテルのバイキング朝食にフルーツポンチで入っているパパイヤは、硬くて、ちょっと臭みがある、「美味しくない果物だな」というイメージだ。

 

でも私のイメージのパパイヤは本物のパパイヤじゃないかもしれない。これまで帝国ホテルで数々の「本物」を経験した私は、本物のパパイヤを食べられるかもと期待を込めて、かじりついた!

 

んっ!

 

 

んまぁ〜〜〜〜

 

なななんだこれは、これがパパイヤか!?まるでメロンとマンゴーの中間の歯ざわりに優しい味わい、これが本物か!

 

グルメな連れもパパイヤを食べて「こ、これはうまい」舌を唸らせていた。うまい、マジでうまい。

 

 

帝国ホテルの朝食は、ルームサービスのパパイヤ。これ、決定

 

 

そのくらい美味だったパパイヤ。そして最高のルームサービスだった帝国のルームサービス朝食。またきたら絶対お願いする!

 

プールとジムでワークアウト

朝食を食べた私たちは、12時のチェクアウト間近だというのに、欲を出してジムとプールへ行った。

ジムには各種マシンが備わっていた。もう10時だったから、ほとんど人はいなかった。ウェアも靴も全部貸出アリだ。

 

プールも行ってみた。すると!!

贅沢なプール〜、泳ぐというより戯れるためにあるというかw レーンより休憩椅子が多いしw

プールも、朝10時頃は空いていて、使い放題だった。運動不足のホテル暮らしの人にはもってこいの施設だ。

 

 

泣く泣くチェックアウト

さて、12時。チェックアウトの時間だ。正直、「3ヶ月間くらい泊まっていたい」ホテルだったけど、泣く泣くチェックアウトした。

帝国ホテルの宿泊まとめ

最後に、今回私が帝国ホテルに泊まった感想をまとめると、帝国ホテルは・・・

・サービスが素晴らしい(優しい)

・派手な装飾はないが、細部まで心遣いが届いている

・ホテルで1日中遊べる

 

といった感じだ。やはり年齢層は高い方が多かったが、若いカップルや、一人で仕事できている人もいて、「老若男女かまわず、誰でも過ごしやすいホテル、それが帝国ホテル」という感じだった。

 

素敵なサービスと細かい気配り、日本人の優しさを味わえる帝国ホテル、ぜひ記念日に泊まられてみては?

 

ゴールデンウィークとクリスマスシーズン以外をおすすめします♩

おすすめの記事

ハワイの高級ホテルに航空券つき10万円で旅行って可能?実現する方法

うんざりするほどの飛行機乗り換え時間に、高級ラウンジを格安で楽しむ方法