【仕事】私が基本的にネットワークビジネスをオススメしない理由

   

こんにちは、Kayoです。今日はちょっとお金の話をします。内容は「ネットワークビジネスは基本的にオススメしない」こと。その理由を2つの観点から、また派生して「職場の選びかた」についてもお話しします。真面目なトーンが苦手な方はスキップしてくださいませ。

 

旅して稼ぐ私の収入源

water-165219_640

現在私は旅をしています。2週間に1カ所。ここ半年で、東京→秋田→アメリカ→メキシコ→東京→佐賀→高知→岡山→三重→静岡→来週からニュージーランド→オーストラリア→インドネシアかマレーシア・・・・という流れです。

こうやって旅をしていると、周りからよく「お金はどうしてるの?」と聞かれます。私がどうやってお金を稼いでいるかは、説明すると長くなるため今回は割愛しますが、今日は「私がおすすめしないお金の稼ぎ方」についてお話しします。

 

 

昨日、ネットワークビジネスに誘われました

先日、SNSで大学の友達から急に連絡がきました。「カヨちゃん久しぶり!今度会わない?」と。「わー、めっちゃ久しぶりやん。」と思い、彼女とお茶することにしました。

 

「ウマイ話があるんだけど」というド直球アプローチ

そして会った彼女。5年ぶりということで会話も弾みます。すると・・・おもむろに彼女が真剣な顔つきになって、こう言いました。「・・・・カヨちゃん、ウマイ話があるんだけど、聞きたい?」と。

この瞬間私は、「あ、これ、ネットワークビジネスの誘いだな」と、ピーンときました。

 

 

ネットワークビジネスとは?

一昔前は「ネズミ講」とか、「マルチビジネス」と言われていたものです。代表格で言えば、化粧品のアムウェイとか、その類です。
dollar-592512_640

ネットワークビジネスは違法なの?

ネットワークビジネスは、基本的にはネズミ講ではないため、”合法“です。たしかに、よくよく考えると、詐欺ではないかられっきとしたビジネスなんですよ。

ネットワークビジネスって、どういう仕組みなの?

一言でいえば、「紹介ビジネス」です。例えばアムウェイという化粧品って、皆さんご存知ですか?若い人は知らないと思います。というのも、TVや雑誌、ネットでほとんど広告していないからです。

(※私はアムウェイが悪いと思っていませんが、有名なネットワークビジネスの会社ですので、ここで例に挙げさせてもらってます。今回の私の体験談とは全く関係ありませんので、悪しからず。)

 

そう。アムウェイは「広告をしない」という戦略なのです。広告費って、お金かかりますよね。たった15秒1回のTVコマーシャルに数百万なんてザラ。そのくらい宣伝・広告って費用がかさむんです。

 

でも商品って、いくらイイモノでも、広めないと売り上げに繋がらないんですよ。で、このネットワークビジネスというのは、「広告にお金をかけるのではなく、口コミで広げてもらう」という手法なんです。


「口コミ」って、絶大な威力
があるんですよ。食べログとか、素人が書いた口コミほど、「あ、信頼できるな」と思うんですね。で、ネットワークビジネスというのも、「知人に直接『これ、いいよ~』とオススメすることで、より高確率でその商品を買ってもらうことができる」というしくみなんです。

tabelog
※食べログの例

ビジネスモデルとしては、納得できる方法ですよね。

 

で、それでどうやってお金が稼げるの?

ザックリいうと、自分がその化粧品を買って、それを友達に勧めて、その友達も継続的に化粧品を買い続けると、自分に継続的な権利収入が得られるというわけです。

すんません。これ以上は私は説明がニガテなので、以下の”ネットワークビジネス”に関する知識は、他のわかりやすーーーいサイトを参照してください。
参考①:ネットワークビジネスとは?
参考②:権利収入とは?

次は本題、私がネットワークビジネスをおすすめしない理由を書きます。

 

 

まず、①その商品をあなたが好きか?好きじゃないならやめておこう。

cosmetics-2116386_640

先ほども言ったように、ネットワークビジネスというのは、「ちゃんとしたビジネス」だし、「モノによっては、本当にいいビジネス」の場合もあるのです。ここで私が言う、「本当にいいビジネス」というのは、本当に多くの人を幸せにできるビジネスのことです。

たとえば化粧品を商材としたものの場合、冷静に考えてみて、あなたがその化粧品を友達に勧める際に、本当にその値段分の価値があると思えるか?ということ。

たとえばあなたが売ろうとしている1個3万円の美容液を、あなた自身が買った場合、「買ってよかった♪使うの、楽しみ~♪」って純粋に思えるかどうか?というところです。

 

 

 

 

 

どうですかね?

もしもその化粧品が、「自分が使うために買って気持ちがよくなる」ものではなく、「お金を生み出すから好き」というものであれば、私はその化粧品を使ったネットワークビジネスをオススメしません

なぜなら、

 

 

 

 

 

 

かならず途中でつらくなってやめるからです。

あなたが健全な心を持っているのであれば、たとえお金が手に入ろうとも、自分が愛していない商品を他人に売ることは耐えがたいことです。そんなビジネスに大事な時間と労力と、そして人間関係を費やすことはありません。即刻やめましょう。

 

というか、途中でやめられる人はまだいい方です。むしろ、「どうしてもお金を稼ぎたい!」という根性でなまじっか努力してお金を稼いだ人は、引くに引けなくなる可能性があります。けっして心の充足感はないのに、「またお金のない時代に戻りたくない」という思いで、自分の本当の気持ちを押し殺しながら続けてしまうと、結果としてかなりひねくれてしまう可能性大です

ということで、もしもあなたが扱う商品を純粋に好きになれないのであれば、やめておいたほうがいいです。

 

 

 

②勧めてきた人が魅力的か?

さきほど、「自分が好きでない商品を扱う仕事はしないほうがいい」とお伝えしました。ここで1つだけ、「自分が好きでない商品でも、やってみる価値がある仕事」があります。それが、

 

 

 

 

 

一緒に働く人が魅力的な場合
girl-511880_640

です。今から述べることは重要なことですが、ふだん私たちがあまり意識していないため、ここであえて述べます。それが、

 

人は、近くにいる人にどんどん似てくる

という事実です。”近くにいる”というのは、あなたの家族、友人、同僚、お客さん、地域の人々、毎日同じ電車に乗る人、TVの奥の芸能人・・・・etc。自分が日々、意識・無意識のうちに取り入れている情報源のことを指します。

そしてその”近くにいる人”は、”より長い時間一緒にいる人”がより大きな影響を受けます。先ほど挙げた”近くにいる人”の例のなかで、だれが一番多くの時間を一緒に過ごすでしょうか?・・・・・じつは家族より職場の同僚の方が長い時間を過ごすのではありませんか?

 

そうです。あなたは毎日出勤するたびに、職場の人にどんどん近づいているのです。

 

 

 

ちょっと話は変わりますが・・・あなたは職場の人を尊敬できますか?

 

 

 

 

 

 

 

どうですかね?

「よっしゃー♪」という感覚ですか?もしくは、「え、私、あの人たちにどんどん近づいているんだぁ・・・・」という、なんともいえない「・・・・・」が、心に渦を巻いていますか?もしあなたが後者であれば、

 

 

 

 

職場を変えよう。

とおすすめします。ちょっと話しは脱線していますが、これはマジです。もしもあなたが「同じ職場の人のようになりたくないな・・・」と少しでも思うのであれば、すぐに職場を変えましょう。あなたが職場を改善しようとしても、ムダですよ。ムリです。あなたが社長であれば話は別ですが。

b0134280_23204272

なぜ職場の雰囲気を変えられないか?を一言で言うなら、「あなた自身が、『職場の空気を改善しよう』と本気で思っていない」からです。本心では”たかが職場”なのです。だから、ムリなんです。

いいですか?だから、あなたが職場を移るんです。もっと自分に合った職場に。そして新しい職場には”自分が尊敬する人”がいることをおすすめします。「あの人のようになりたい」と思える人と毎日同じ空気を吸える職場。それだけでメチャクチャ成長できます。

 

これをネットワークビジネスに当てはめても同じです。”ネットワーク”というだけあって、あなたにこのビジネスを勧めてきた人は、いわばあなたの直属の上司になります。

どうですか?彼(彼女)を尊敬できますか?お金だけでなく、人柄も人生も、ひっくるめて「うわぁぁぁ!!すっげ~いいなぁ~、〇〇さんみたいになりたい!!」って、口に出して言えますか?

 

 

 

 

 

 

 

さあ!言えないのなら、そのネットワークビジネスはお断りしましょう!時間のムダですよ!自分の本心に素直に耳を傾けましょう!やりたくないこと、いたくもない人といっしょにいるのは寿命のムダだって、気づきましょう!

 

 

 

 

まとめ

今回は”ネットワークビジネス”を題材に、「仕事を選ぶうえでとっても大事な2つのポイント」をお伝えしてきました。正直、ポイント①「商材を好きか?」を満たしていなくても、ポイント②「一緒に働く人を尊敬できるか?」を満たしていれば、後々どうにかなります。もちろん、どちらも揃っていることに越したことはありませんがね。まあそれだけ、人が重要ということです。

一緒に働く人はほんとうに大事ですよ。今は「職場を選ぶ時代」になっています。昔はそうじゃなかったんですよ。自分たちの親の世代は職場を選ぶことができなかったんです。むしろ選ばない方がうまくいく世の中だったんです。

 

 

でも時代は変わってゆきます。昔の考えより、今のあなたの直感の方が大事です。もちろん、昔の人たちのおかげで今の時代があるので、感謝すべきです。ただ、今のあなたがあなたらしいカタチで何かを表現していくことが、何かの価値になるのです。ちょっと抽象的ですが、いずれ分かるものだと信じています。

「そうは言っても、今はどうしたらいいかわからない・・・」のであれば、べつに焦る必要はありません。今日この日記を読んで、「こんな考え方もあるんだな。」と思ったことも、大事な一歩なんですよ。

 

 

 

ムリのない範囲で、自分のやりたいことをやりつづけること。

だいじょうぶです。あなたは存在するだけでいいんです。

 

 

The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報 ,