「何もない」という経験は、「旅」を通してすることができる。この日本を離れて、どっか知らない国へ一人で行ったら、一瞬で「何もない」世界を目の当たりにすることができる。仕事を辞めて、最低限のお金だけ持って、携帯の電源を切れば、簡単にその世界が手に入る。日本では絶対経験できることのない世界だ。

 

日本にいる時には感じない「激しい怒り」や、「ワガママ」を旅をしているときは感じる。あとで自己嫌悪するくらい、他人にヒドイことを言っていたりも。例えば旅中は食事にろくにありつけなかったり、騙されたりして、自分の生きるすべが奪われることも。体力が弱っている状態で、生きるか死ぬか不安な気持ちになり、さらに他人から嫌なことをされると、とてつもない怒りが込み上げてくる

 

日本にいてそんな気持ちになることはあるだろうか?あの道を曲がったら殺されるかも、とか、この仕事を真面目にやらなかったら一生刑務所かも、という想像を平和な日本ですることは難しい。しかし海外ならそれが全然アリになる。

 

ルールがない、手本がない、何が起こってもおかしくない世界。一方自分自身何をしてもいいと思えるような世界。そんな世界であなたは一体何をするだろうか?学校に行かなくていい、働かなくていい、つまりやるべきことが一つもない状態、完全自由な時、一体あなたはどうするだろうか?

旅とは「自分に必要のないものを発見する」ことだ。旅という厳しい状況で、完全自己責任な毎日を過ごしていると、これまで私が日本で背負ってきた、「プライド」や「常識」や「遠慮」や「恐怖」、「不安」、「無駄に所有しているもの」、「なんとなくでつながっている人間関係」、そして「欲望」、この中で、本当は不必要だったと気づくものがたくさんある。

 

不必要なものに気づくことで、自分の人生で何が大切かを見つけることができる。本当に、シンプルに「ああ、私はこれがやりたかったんだな。」というものがわかる。そして大事なものだけに囲まれていると、自分を囲んでいるものや人を本当に大切にすることができる。

 

旅をするごとに人にも自分にも優しくなっている自分がいる。だから旅はやめられないんだ。—————-

 

 

旅ハック情報

「普通に旅行するだけじゃつまらない」オリジナルな体験ができる旅を作ろう。荷物、航空券、治安、旅の裏ワザ・・・などなど、普通の旅行者は知らない情報を公開。

 

海外スポット情報

実際に私が行ってきた海外の情報をレポート!!一部、トラベルライター達からの寄稿もあります。enjoy it!!

 

 

 

 

 

 

——————確かに将来のことを考え、勉強をして一歩一歩前に進むことは大事だ。しかし「未来への準備ばかり」では今を生きていることにはならない。誰にでも時間は平等に与えられている。高校生の3年間は主観的に長く感じようが短く感じようが、3年間は3年間なのだ。18歳になればもう、17歳の自分には戻れないのだ。そして18歳の自分は17歳の自分が考えたことを、同じようにはもう考えられないんだ。

 

だから「今、やってみたい」と思うことは、周りからバカにされようが、常識から外れていようが、やってみることが大切だ。何でもかんでも衝動的にやれといっている訳ではない。気になるなら、「ダメ」と言われても今やってみることが大事なんだ。

旅も同じだ。若くして「旅に出る」などと言うと、周りから「なんでそんな危険なことするの」とか「無駄だよ」と言われる。しかしその言葉はあなたを止められない。なぜなら引き留めようとする人は、「人間はやってみないと納得しない」ということを分かっていない。そしてそれを分かっていない大人というのは、基本的につまらないから、やっぱり言うことを聞く必要はない。

 

「旅に出たい」と思う気持ちも、もしかしたら1年後にはなくなっているかもしれない。準備をしているうちにその炎は消え去っているかもしれない。本当にそれでいいのだろうか?今少しでも熱意があれば、外に出てみてはどうだろうか?