【2017夏】スマホ料金を見直すよ!格安SIMは一体どこが一番おトクなの!?

   


こんにちは!Kayoです。

今や誰もが持っている”スマホ”。便利なのは確かですが、月々の料金って、結構高くないですか?

関連:

バカにならない携帯電話(スマホ)料金を見直します

私はフリーランスということもあって、月々のデータ容量は30GB、iPhoneの月々4,440円の機種代金も払っているから、毎月15,000円近くかかります。

 

スマホ代は安くできる!

しかし巷には、「格安でスマホ」を使っている人もいます。データ制限はあるでしょうが、月々5,000円くらいでスマホを使っている人もザラです。機種代金を考慮しても、私より5,000円も安い!

月々五千円が一年続くと・・・

余談ですが、月々5,000円を浮かせることができれば、一年で6万円も浮かせられます。おいおい、関西空港〜香港を往復8回できる金額です!関連:激安航空券の取り方

簡単に格安SIMに乗り換えられる

話が逸れましたがそんな「格安スマホ」ユーザーは、一体どんな手を使っているのでしょうか!?ズバリそれは、「格安SIM」です!

格安SIMとは

そもそも SIM カードとは、簡単に言えば電話番号です。あなたのSIMカードを別の携帯に入れるとその別の携帯であなたの電話番号が使えるようになります。格安SIMは、その名の通り「格安なSIM」ですが、わかりやすく言えば、docomoやauやSoftBank以外の新興電話会社のSIMと考えればいいです。

 

格安SIMの安さのワケ

格安SIMが安い理由は、何も「怪しい」ワケじゃなく、「たまに通信が遅くなる」から安いのです。通信が遅くなる理由は、格安SIMの会社は自分たちで通信網を持っておらず、docomoなどの大手の会社の通信網を使わせてもらっているからです。

ちょうど「航空会社」で例えるとわかりやすいです。docomoとかはJALやANAなど、運賃が高いけど飛行機をいっぱい持っているから遅延が少ない。一方格安SIM会社はLCCみたく、飛行機をたくさん持っていないから遅延しやすい。という図式です。

だからネット混雑時には、docomoユーザーが優先で利用できるようになっています。とは言え、現在はその「優先制度」も緩和しており、通信の遅さはあまり気にならないと思います。

 

格安SIMは簡単に乗り換えられる

「格安SIMが安いのはわかった。でも今はauの2年縛りのプランを使っているから、すぐには乗り換えられないよ!」という方も、だいじょうぶ。通常、2年縛りを途中解約する場合は、「違約金」が発生しますが、その違約金は1万円ちょっとです。1万円ちょっとだと、格安SIMに乗り換えて2ヶ月で元が取れます。

それに格安SIMの縛りは1年のところが多いです。これからどんどん魅力的なSIMが出てくるかもしれないので、縛りが短いのは嬉しいですね!

 

 

格安SIMに乗り換えよう!

ということで、格安SIMがおトクとわかった!私も一緒に乗り換えてみたいと思います!

格安SIMを選ぶポイント

格安SIMを選ぶ前に、大事なポイントを押さえておきましょう。

①大手の会社を選ぶ

通信系、機械系は「アフターフォロー」や「サポート」が大事です。国内大手の会社はフォローが手厚いので、大手を選びます。

②通話できるSIMカードを選ぶ

SIMカードは「通話できるSIM」と、「データ通信のみのSIM」があります。私は二台持ちではないため、「通話できるSIM」を選ばないと誰とも電話できなくなるので、こちらを選びます。

③縛り期間が短いとなお良い

正直、国内大手キャリアの「2年縛り」はバカバカしいです。なるべく縛り期間が短いものを選びます。

④安さの追求は忘れない

もちろんですが、安さあってのSIM 乗り換えです!

 

今回比較する格安SIM

今回私が比較する格安SIMは以下です。いくつもある格安SIMからすでに私の最低基準を通ってきた格安SIMたちです。

UQモバイルSIM

BIGLOBE SIM

楽天モバイルSIM

LINEモバイルSIM

以降、分かりやすく簡潔に解説していきます。

 

 

格安SIMカード徹底比較!

UQモバイルSIM

げんざい「UQ三姉妹CM」でおなじみのUQモバイル。UQはこれまで国内で唯一、使い放題で通信がムチャクチャ速いWI-FiのWimaxを提供していた。そのUQが格安SIMを提供しているとあれば、通信速度はかなり期待ができる。

 

UQモバイルSIMの特徴①通信速度が速い。

UQモバイルは評判を見る限り、最初の読み通り、やはり通信速度が速い

UQモバイルSIMの特徴②通話重視。

UQモバイルは大きく2つのプランがある。一つは「通話時間が短いけど回数が多い人用」で、もう一つは「通話時間が長いけど回数が少ない人用」だ。どちらにしろ通話に重きを置いている。あまり電話をしない私としては通話は最低限でいいから、データ量の増加と、安さに重きを置いて欲しい。

 

UQモバイルSIMの特徴③月額3千円と5千円のコースがおすすめ。

データが2GBの方は月額約2千円、6GBのミドルプランは約3千円、14GBのラージプランは約5千円だ。

 

UQモバイルSIMの特徴④縛りが長い!!

これはデメリット。UQモバイルは縛りが2年で、違約金は9,500円だ。縛りが2年は長い

 

UQモバイルSIMまとめ:けっこう電話をする人なら、UQモバイルがおすすめ!

と言うことで、UQモバイルSIMは、「通話が多い人」におすすめだ。とはいえ、月額3千円のコースは一般使いの人なら十分なデータ量で安いと言える。ただ2年縛りが痛い。

 

 

 

 

BIGLOBE SIM

次に、通信の老舗、BIGLOBEのSIMをご紹介。

【BIGLOBE SIM/スマホ】キャッシュバック最大20,000円!(9/3まで)

BIGLOBE SIMの特徴①安い

先ほどのUQモバイルと料金プランを比較すると瞭然。音声通話入り、6GBプランで2,150円だ。これは通話し放題が入っていないからだろう。通話に重点を置かない人にはありがたい

 

BIGLOBE SIMの特徴②通信速度も問題なし

ドコモの回線を使っているBIGLOBEの通信速度の評判もまずまずだ。ただ通信速度に関しては、「場所による」場合もあるから、一度お住いの地域で同じ格安SIMを使っている人に聞くかもしくは違約金ゼロの「データSIMで試す」方が無難だ。

 

BIGLOBE SIMの特徴③スマホとセットでキャッシュバック2万円!?

そしてぜひ見逃したくない特徴が、「最大2万円キャンペーン」だ。現在スマホとセットでBIGLOBEに申し込むと、最大2万円がキャッシュバックされる。しかもスマホは一番安いもので、超軽量のZenfone Live月々820円×24ヶ月=9,840円と、超安い。それで20GBプランで契約すれば、2万円もキャッシュバックになる!こんなチャンス、なかなかない!もし今スマホを持っていない方にはBIGLOBEをおすすめする!

 

BIGLOBE SIMの特徴④縛りは1年で違約金は8,000円

縛りは格安SIM会社平均の1年で、違約金は8,000円と少し安い。身軽なのは旅のミニマリストにとって高ポイントだ。

 

BIGLOBE SIMまとめ:通話重視より安さ重視かつ、かつスマホを買いたい人はBIGLOBE一択!!!

BIGLOBEは安いことと、何よりスマホとセットで2万円キャッシュバック(2017年7月現在)が超お得だ。ちょうどスマホを買い換えたい、壊れたという人にはぜひBIGLOBEで試して欲しい。スマホセットの契約期間は2年になる。

【BIGLOBE SIM/スマホ】キャッシュバック最大20,000円!(9/3まで)

 

 

楽天モバイル




次は、前回の記事で私が試した「楽天モバイル」だ。関連:

携帯電話(スマホ)料金を見直します〜ソフトバンクから楽天モバイル格安SIMお試し

楽天モバイルは年会費無料の楽天カードと相性がいいのと、他にも楽天市場や楽天トラベルと口座を一緒にできるから、管理が楽でかつポイントがどんどん貯まるところだ。先日楽天マイページを見たら、また9,000ポイント(9,000円分のお買い物券)が貯まっていた。

とはいえ、楽天モバイル単体ではどうなのか?ここは冷静な目で評価していく。

 

楽天モバイル SIMの特徴①通信速度は速い

まず通信速度は、先月私自身が使ってみた結果「とても速い」ことがわかった。画像をアップロードしても動画を見ても、ソフトバンクの回線と全く変わらなかった。これは主の折り紙つきである。

楽天モバイル SIMの特徴②なかなか安い

安さに関しては、BIGLOBEといい戦いだ。10GBと30GBプランは楽天モバイルの方がおトクだ。

 

楽天モバイル SIMの特徴③ポイントとか、支払いのしやすさとか

そして楽天の最大のポイントは、「ポイントがどんどん貯まる」ところだ。「ポイントポイントって、うるさい!」と思うかもしれない。私もポイントカードとか大嫌いで、一切溜めないタイプだが、楽天ポイントは毎回ポイントカードを見せる必要もないし、よく楽天スーパーポイントなどで、「いつのまにかガッツリ貯まっている」ことが多い、「いつのまにか」っていうのがミソ。

 

当然楽天カードで支払う手続きも簡単だし、サービスも手厚い、そして「ダマシにも近い、ケチな商法」を楽天は取らないから私は楽天に絶大な信頼を寄せている。まず選んで間違いない会社だ。

 

楽天モバイル SIMの特徴④縛りは1年。違約金は9,800円だ。

 

楽天モバイル SIMまとめ:安心、安い、楽、ポイント、間違いない!!!

楽天モバイルを選べばまず間違いないと思う。プランはBIGLOBEと似ており、かつ「データ量でBIGLOBEがおトクな場合と、楽天モバイルがおトクな場合がある」ので、予め自分はどのくらいのプランを使うのか把握してから格安SIMを選ぶと良い。


 

 

LINEモバイル

えっ!?LINEも格安SIM始めたの!?LINEモバイルは最近始まった新しいサービスだ。一体どんなサービスを提供してくれるのか!?期待して調べてみたいと思います。



 

LINEモバイルの特徴①超特徴的!!SNSのデータ量無制限!

LINEモバイルはちょっと変わっています。特徴的なのは、とにかく「SNS利用に重きを置いている」こと。LINEモバイルのプランの1つには、

「コミュニケーションフリープラン」というのものがあり、LINE Twitter  FaceBook  Instagram が使い放題なんです!特にInstagramはSNS上に写真や動画をアップ&表示することから、結構なデータ量を食いますよね。それが使い放題!SNSヘビーユーザーにはかなり嬉しいプランです!

LINEモバイルの特徴③料金は高くない

「SNS使い放題プラン」はけっこう高いのでは・・・と思ったが、実際は

あら!5GBで2,220円、10GBで3,220円なのね!BIGLOBEや楽天モバイルとかけ離れていません!SNSも使い放題で安いとは、なんか裏があるのでは・・・と思うのは私が古い人間だからでしょうか。

LINEモバイルの特徴③プレゼント機能だトォォォォ!!??

 

そして面白いのが、これ!!

なんと、データ量を友達にプレゼントできちゃうんです!!!あああ、データ量とか、一番欲しいやつやん!もう、「誕生日プレゼントは、データがいいな(はぁと)」なんて、新しい世の中になってきているのね!あああああ!!!

LINEモバイルの特徴④縛りは1年で違約金は9,800円

 

 

LINEモバイルまとめ:とにかく高校生を中心にオススメしたい!!

今や高校生の間では「Instagram」で遊ぶことが遊びの真髄(?)担っていることと思われます。SNSがフリーのLINEモバイルはそんなInstagramer=高校生に超超おすすめです!それにLINE IDで検索できる格安SIMはLINEモバイルだけ!速度も超早いということだし、若い方でSNSを使う人はLINEモバイル一択かなと思います。

 

周りにSNSを使う人がいればいるほどLINEモバイルは便利です!

 

 

格安SIM比較まとめ

いかがでしたか?今回は、「大手で、安くて、通信速度の速い格安SIM4社」を徹底比較しました。4者を比較したことで、格安SIMを選ぶ際のポイントがいくつかわかりました。

格安SIMを選ぶ時のポイント

1.まずは自分の利用スタイルを把握する

いくつもの格安SIM会社を見たことでわかったのが、「一概にこの会社が絶対お得!」とは言えないということ。プランによっても6GBならBIGLOBE、10GBなら楽天モバイルが安い・・・というように、データ量や通話料によっておトクな会社は変わるということです。だからまずは「自分のスマホの利用スタイルをよく把握」した上で、格安SIMを選びましょう。

 

2.それぞれの会社の特性を把握する

やはり格安SIMを販売する会社によって、その強みは違います。LINEモバイルならSNS特化型、楽天モバイルならポイント&相互利用特化型・・・というように、その強みはユーザーによって魅力的な場合もあれば全く魅力的に映らない場合もあります。通話&データ&プラスアルファの、「プラスアルファ」が思わぬ恩恵になることもあるので、しっかりチェックしましょうね。

 

必需品のスマホだからこそ、しっかりと料金を検討しよう!

今やスマホは私たち現代人の必需品。「毎月当たり前のように料金を払い続けている」が故に、その料金を見直す機会も少ないかもしれません。でも、大手キャリアから格安SIMへ乗り換えるだけで、月々5,000円を浮かせることも十分可能です。

 

今は通信回線がかなり改善していますし、フォローサポートも手厚くなっています。不安もあるかもしれませんが、「気になるなら、一度データSIMを試してみる」のはいかがでしょうか?データSIMは違約金がありませんので、「最初の1ヶ月だけデータSIMで試して、使用感が良かったら、通話SIMに乗り換える」こともできます。実際に私は楽天モバイルで1ヶ月だけデータSIMを試して、「これはいけるな」と判断しました。

大手キャリアの2年縛りの罠にまたハマる前に、さっさと解約して費用対効果の高いSIMに乗り換えることをKayoはオススメします。なんでも試してみる!あなたの格安SIMデビューを応援しています!!

 

 

次回予告:いよいよ正規申し込み!

今回格安SIMを比較したことで、納得して私も乗り換えることができそうです。次回いよいよSoftBankを解約して、格安SIMを申し込みますよ!では!

 

 


The following two tabs change content below.

bonkayo

とにかく自由が好きな20代♀。現在は旅しながらフリーランスで生きている。執筆ジャンルは海外、独立、メンタル、グルメ。

 - めっちゃオリジナルな旅情報