仙台を日帰り旅行できるか?モデルコースを作ったよ!

仙台を日帰り旅行できるか?モデルコースを作ったよ!

こんにちは、Kayoです。旅行って、いざ行くとなると2泊や3泊。最低でも1泊の”宿泊型旅行”がこれまで主流でした。

でも!

航空券が安くなり、飛行機がたくさん飛んでいるこの時代、国内のほとんどは日帰り旅行ができます!

むしろ、宿泊しないから荷物の準備もいらないし、何よりホテル代を浮かせられる・・・

 

今回は、関西空港から日帰りで仙台を旅行してきました。

 

「本当に日帰りで十分に旅行できるの?移動ばっかりになっちゃうんじゃないの?」

って疑問に思う方は、私の日帰りレポートをみてください♪

 

仙台を日帰り旅行できるか?モデルコースを作ったよ!

 

日帰り旅行のポイント

まず前置き。急いでいる人は下へスクロールしてね。

日帰り旅行をするにあたり、必ず押さえておかなければいけないポイントがあります。

ポイント!事前にしっかり予定を立てること

旅行は癒されるに行くもの。ゆったり時の流れを感じ、気の赴くままに訪れる・・・・っていう旅行、いいですよね。私も3日以上旅行できるならそうします。でも!

旅行にもいろんな種類があります。「癒されに行く」時もあれば「とにかく色々みて回る旅行」もあっていいはずです。

日帰り旅行はなにしろ時間がないので、事前に計画しておかないと帰りの飛行機に間に合いません(笑

だから、日帰り旅行の前には「何をいつするか」というプランをしっかり立てておきましょう。

プランを立てる時間は、いつもならホテルに泊まる準備をする時間を使いましょう。

 

オススメのプランの立て方

私がオススメする日帰り旅行のプランの立て方は、「小さいトラベルブックを買って、そこに時刻や交通手段などを書き込んで行く」方法です。日帰り旅行だと分厚いトラベルブックに載っている観光地全部は行けないし、小さい方が軽いのでオススメ。

特に私は「タビハナ」という旅行ガイドブックが大好き。というのもタビハナはページに空白があって、最後のページにプランを書き込むところもあるので、自分で旅行コースを書き込みやすい設計になっています。

 

 

そして、今回の私のプランがコチラ。

10:30 仙台駅到着

11:00 るーぷる仙台を使って 瑞鳳殿、仙台城跡など仙台市内を巡る

12:30 仙台駅近くの海鮮屋かフレンチでランチ

13:30 松島へ

15:00 仁王丸で松島をフェリー遊覧。前後で松島観光

18:00 仙台駅周辺でお土産巡り

19:00 仙台空港で牛タン

20:00 飛行機で帰路へ

 

という流れです。今回は日帰りなので仙台市街地と松島をメインに計画しました!

仙台日帰り旅レポート

それでは仙台日帰りレポートです♪

8:00 関西空港→仙台空港

今回仙台空港へは関西空港から就航しているPeach便で行った。平日は往復9,630円からと日帰り旅行に良心的な価格。

PeachのようなLCCは機内預け荷物が別料金のため、荷物が少ない日帰り旅行がピッタリだ。

 

9:40 仙台空港→仙台駅

仙台空港に着いたら電車で仙台駅へ向かおう。仙台空港はわりかし小さく、飛行機を降りてからすぐに出口にたどり着く。空港から駅へは道がわかりやすい。たくさんの人が歩いて行く方向に行けば駅へたどり着く。  

仙台空港から仙台駅へは30分ほどで着く。

10:10 仙台駅から”るーぷる仙台”を使ってくまなく仙台市を観光

仙台駅に降りたらバス乗り場に行き、”るーぷる仙台”を探そう。”るーぷる仙台”は仙台市内の観光に特化して市内ループバスで、仙台市内の観光名所を一方通行で走る。

大人一日630円で予約は不要、乗り場目の前のチケットカウンターで買えます。

市内の観光名所を1ルートでループするので気軽に乗り降りすることができます。ちなみに王道のモデルコースはこちら!

瑞鳳殿→仙台城跡→大崎八幡宮→県立美術館→メディアテーク→仙台駅

県立美術館はアート好きなら行きたいし、メディアテーク前で降りると仙台イチの繁華街に降りられます。私は松島にも行く予定だったので、最後の2つは割愛しました。

 

10:50 仙台スポット ①瑞鳳殿

瑞鳳殿は伊達家の霊屋でその建物が鮮やかな色彩で彩られていて美しい。仙台駅からるーぷるで10分ほどでつく。バスを降りると少々長い上り坂がつづくが、頑張って登るときれいな建物が目に飛び込む。

瑞鳳殿はその建物もさることながら、周囲が深い緑に囲まれており、軽くハイキングすることも可能。簡単なシューズでもぐるりと緑に囲まれた小道を散策できるので、自然が好きな方はそういう楽しみ方もできる。

私が行ったときはちょうど隣の幼稚園が運動会中で、ポップな音が爆音で流れていて雰囲気とそぐわなかった。逆にほっこりきてしまったが笑


瑞鳳殿

住所:〒980-0814 宮城県仙台市青葉区霊屋下23−2

HP:https://www.zuihoden.com/

営業時間:9:00~16:30

料金:付近は無料。建物へ入るなら550円

 

11:30仙台スポット②仙台城跡

”仙台の観光スポット”と聞いて何を思い浮かべるだろう?そう、あの黒光りする伊達政宗交の像を思い浮かべるのではなかろうか?伊達政宗は今は亡き仙台城の跡地に静かにそびえたっている。

仙台城跡は、るーぷる仙台で瑞鳳殿から10分足らずで行ける。残念ながらもうお城はないが、丘の上の見晴らしのいい公園に政宗さんがたたずんでいらっしゃいます。

ここはもう完璧なるフォトスポット。思い思いの写真を撮ったら、次の目的地に向けて出発しよう。るーぷる仙台は20分おきにやってくるから、一台のガスと大きいぞ。


仙台城跡:http://www.sendaimiyagidc.jp/sight_pps/d_tourist.php?id=0000000889

住所:宮城県仙台市青葉区 青葉山

 

12:00 仙台スポット③東北大学を横目に、大崎八幡宮へ

仙台城跡からるーぷるに乗ると、次は東北大学の研究所が見えてくる。いやいや広い。東北大学は”山の上を開発して作った”大学って感じで、木々と大学が一体化している。いったいどこからどこまでが大学なんだろう?

そんなひろ~~~~い東北大学を横目に、次に向かうのは”大崎八幡宮”。美しい神社で、歴史的には坂上田村麻呂、伊達家のゆかりがある。雰囲気は「ザ・荘厳な権現神社」って感じで、とにかく大きいし建築の飾りも細かくて美しい!

美しい建築物に人だけではなく、ニワトリも寄ってきている。よっ、コケコッコー


大崎八幡宮

HP:http://www.oosaki-hachiman.or.jp/

住所:〒980-0871 宮城県仙台市青葉区八幡4丁目6−1

 

メモ:時間がない人はるーぷる仙台でなく、地下鉄とバスという手段も。

仙台市を一日かけてぐるりと回るならるーぷる仙台がおすすめだが、もしも「ピンポイントに1,2か所だけ行きたい」というお急ぎさんなら、地下鉄やバスを使った方がいい。るーぷるは観光のために遠回り&バスからの景色も重視しているため、一周が40分とかなり長い。

おすすめのプランの立て方は、「初めての仙台ならるーぷるで。2回目以降で、見たいところが限定されているなら地下鉄など使う」という方法だ。最初は仙台の概要を知る上でもるーぷるがいいぞ。

 

12:30 仙台駅すぐの「豆千代」で驚き900円海鮮ランチ!

さて、朝早くから仙台に行って市街を観光したら腹が減った。ご飯は駅近で美味しくて人が並んでいなくて安いところがベストだ。

ランチのお店も、仙台に行く前に綿密に調べていた。そこで2つの店を候補に上げた。フレンチと和食。値段は一緒くらい。予め2つのお店を決めておけば、迷わないし、その時の気分に対応できる。

私はお魚な気分だったので「豆千代」という和食屋さんにした。

これで900円!コーヒーもついてくる!そして見た目だけじゃなく、味もめちゃくちゃいい!

駅近で、お安くてとっても美味しい「豆千代」超超おすすめ!


豆千代

食べログHP:https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040102/4001052/

住所:宮城県仙台市宮城野区榴岡1-2-48 桜井ビル B1F

営業時間:ランチ 11:30~15:00

 

13:30 仙台駅 → 松島海岸駅へ

仙台駅で絶品ランチを堪能したら、次は松島へ行く。

仙台駅から電車で40分ほど揺れると海の田舎街、松島海岸へつく。

松島は小江戸のような雰囲気でとにかく美しい。

ずんだソフトも味がある。

 

15:00 仁王丸で松島をフェリー周遊

さて!松島に来たら「フェリー周遊」が外せない。事前に予約しておけばお得に船に乗ることができる。

「仁王丸」なら1時間で松島のハイライトを巡ってくれる。通常1,500円のところ、令和記念で1,000円だ。

仁王丸は1時間に1便のみ、最終便が15:00(夏は16:00まで)のため、事前にしっかりプランを立てておこう。

休みの日は予約しないと乗れないこともある。

フェリー乗り場は駅から10分もしないところにある。係りの人が案内してくれるので、迷う心配はない。

船は2階建で、2階はグリーン席だ。

途中、甲板に出ることもできるので、風を感じに外へ行ってみよう。

16:00円通院でしっとり

仁王丸を楽しんだら、近くの「円通院」を訪問しよう。ここは美しく管理されたお寺だ。のんびりと楽しむことができる、松島イチのおすすめスポットだ。


円通院

HP:http://www.entuuin.or.jp/

住所:宮城県松島町松島字町内67 [地図]

拝観時間: (年中無休) 4月~10月下旬 8:30~17:00
10月下旬~11月 8:30~16:30、12月~3月 9:00~16:00

 

18:30仙台空港で牛タンディナーを

松島までたっぷり楽しんだら、仙台空港へ戻ろう。飛行機は20時だから、19時には空港へ着いておきたい。

実は空港では「美味しい牛タン」が食べられる。しかも1,000円台で。

一番おすすめは、下階にある「陣中 冠舌屋」だ。ぷりぷりの牛タンが麦ご飯とテールスープによく合う!

私は1,300円くらいの「3種牛タンセット」を頂いた。

パッと見たところ、量が少なく感じるが、女一人の夜ご飯には十分だった。

念願の牛タンをおなかいっぱい食べて飛行機に乗り、ウトウトしているといつの間にか関西空港へ着いていた・・・

 

日帰り仙台旅行まとめ

いかがでしたか?

日帰り仙台旅行をしてみて思ったのは、朝8時の飛行機で仙台へ行って、夜8時の飛行機で帰る。仙台での時間は正味10時間だったけど、十分楽しんだ!って感じです。

仙台と松島も楽しんで、ホテル代かからず、1万円の飛行機だけで遊べるって、すごいなぁ・・・

日帰り旅行だと、1泊2日旅行の半分の旅費で遊べるから、2回分旅行できますね!^^

 

最後に、実際に日帰り旅行をして”大事だ”と思ったポイントは、

・ざっくりプランを決めておく→時間がないので、要所要所でのタイムは大事です

・荷物は少なく、服は動きやすく→動きやすさ重視!疲れたら荷物をなくしたりします

iPhoneの充電器を持って行こう→写真撮っていたらすぐなくなります(泣

このくらいですね。

いずにれせよ、仙台は日帰り旅行しやすい街でした!荷物を少なく、ふらっと旅行してみませんか?

あなたの素敵な旅をKayoはいつも応援しています!